07:27 2018年06月18日
シリアのアレッポ

ケリー米国務長官 アスタナでのシリア問題会合の効果に期待

© Sputnik / Ali Hassan
中東
短縮 URL
302

米国のケリー国務長官は、シリアに関するアスタナ会議が、問題解決の突破口となるよう期待していると述べる一方で、会議が行われるかどうか疑問だとも指摘した。リア-ノーヴォスチ通信が伝えた。

ケリー国務長官は、次のように述べた-

「我々は、現段階で、アスタナでの会合から大きな前進が得られるよう期待している。しかしそれは、もし会合が開かれるのであれば、である。立場の変化やシリアで現在起こっていることを考慮するならば、明らかに、会議が開かれるかどうか疑問だ。」

また長官は「アスタナでの会合の結果は、ジュネーヴでのシリア危機に関する次の交渉で利用されるだろう」と強調した。

関連:

ロシア空軍の支援のもと、シリアで3万5千の戦闘員殲滅
シリア紛争に訪れなかった西側メディアは一体どうして紛争に「光を当て」られたのか?
タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント