00:33 2018年12月13日
パルミラ西部 シリア軍と反体制派が掃討作戦

パルミラ西部 シリア軍と反体制派が掃討作戦

© 写真 : Ministry of Defence of the Russian Federation
中東
短縮 URL
0 161

シリア軍は反体制派の連合の支援を受け、国際テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」が撤退した後のパルミラの西部地区に入り、残党を残らず殲滅する掃討作戦を行っている。2日、レバノンのTV「アル・マヤディン」が報じた。

ダーイシュは陣地をほぼそのまま放置して立ち去っており、ほとんどの場合抵抗を見せていない。そのかわり町を出る前に道路、住居は地雷が仕掛けられた。最も激しい戦いが行われているのはパルミラのホテルが立ち並ぶ地区で、シリア軍は1日に強襲作戦を開始している。

親シリア政府の新聞「アル・ヴァタン」紙の報道によれば、現在、シリア軍は町の中心から1キロ弱の地点に位置している。前日の1日、シリア空軍内の消息筋がスプートニクに明らかにしたところでは、軍の手ごたえではパルミラのダーイシュ掃討作戦は1週間内に完了する見込み。

タグ
ISIS, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント