21:31 2020年09月20日
中東
短縮 URL
2118
でフォローする

米国諜報機関は「ダーイシュ(IS、イスラム国)」がイラク、シリアにいる化学兵器に関する味方の専門家を全員集め、新たな「化学兵器セクション」を作ろうとしているとの見方を表している。CNNテレビが米政権の代表者の発言を引用して報じた。

スプートニク日本

CNNの報道によれば、新たなセクションはシリアのなかでもダーイシュが占領するマヤディンとアルマイム市の間の領域に設けられ、以前、作業を共にしたことのない化学兵器の専門家らがイラク、シリアから集められる。

予想ではダーイシュは残された占領区の守りを固めるために化学兵器による軍事力を一手に集めようとしている。

これより前米国防総省のデイビス長官は、ダーイシュの所有する兵器は化学兵器にとどまらず、生物兵器も保有している恐れがあると語っていた。

なお先にアサド大統領はシリアで化学兵器用いた新たな挑発起こる可能性を警告した。

タグ
化学兵器, 武器・兵器, ISIS, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント