20:12 2018年10月16日
クルド自治政府「イラク側から砲撃」

クルド自治政府「イラク側から砲撃」

© AP Photo / Jacob Silberberg
中東
短縮 URL
0 22

イラク北部・クルド自治政府の安全保障会議は、イラク軍と民兵組織がクルド自治政府の軍事組織「ペシュメルガ」のモスル近くの陣地を砲撃していると発表した。

スプートニク日本

同会議は公式ツイッターで、「イラク軍とイランの支援を受けた民兵組織『人民動員隊(PMF)』が、モスル北西のズマルからペシュメルガの陣地に砲撃を加えている」と発表した。

また同会議は、イラク軍がペシュメルガに対する作戦に複数の戦車、大砲、装甲兵員輸送車、米国製「ハンヴィー(高機動多用途装輪車両)」を動員したと述べている。

25日、クルド自治政府は、独立を問う住民投票の結果を凍結する用意があるとして、イラク中央政府に対し停戦と対話開始を提案していた

タグ
イラク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント