23:54 2018年11月16日
シリア東部デリゾール県でシリア軍(アーカイブ)

露国防省、米国がシリアに対して白リン弾を使用した攻撃を行ったと発表

© Sputnik / Mikhail Alaeddin
中東
短縮 URL
1114

米国のF-15戦闘機2機が8日、シリアのデリゾール県に対し、禁止されている白リン弾を使用した攻撃を行った。シリアにあるロシアの紛争当事者和解センターの所長、ウラジーミル・サフチェンコ中将が発表した。

スプートニク日本

攻撃が行われたのは、デリゾール県の居住区ハジン。この攻撃により、強烈な火災が発生した。

サフチェンコ氏によると、死傷者については現在確認中。

同氏は、白リンを使用した兵器の使用は、1949年のジュネーブ条約の追加議定書によって禁止されていると指摘した。

白リン弾は大量破壊兵器と見なされている。

なお米国防総省は、指摘された地域の米軍は白リン弾を保有していないと主張し、同情報を確認しなかった。

関連ニュース

トランプ大統領は、アサド大統領の殺害を指示していた=マスコミ

タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント