04:49 2019年12月06日
イスラエルの戦闘機

イスラエル国防軍、シリア領内の数十の施設を攻撃したと発表

© Sputnik / The Press servis Israil Air Forse
中東
短縮 URL
0 015
でフォローする

イスラエル国防軍はシリアの数十の標的に対して攻撃を行った。イスラエルの新聞Haaretz(ハアレツ)が伝えている。

これより前の19日、イスラエル国防軍広報部はシリアからイスラエル領にミサイル4発が発射されたことを確認、それらはすべて迎撃されたと発表していた。スプートニク通信特派員が伝えるところによると、20日の夜にかけてダマスカスでは爆発が起こり、シリア国営テレビは首都および近郊への攻撃に防空システムが反応したと報じている。

ハアレツ新聞は「イスラエル軍は20日、シリア国内のイラン革命防衛隊コッズ(Quds、クドス)部隊およびバッシャール・アサド軍に属する多数の標的を攻撃した」と伝えている。

同新聞は、「攻撃はイラン革命防衛隊によるシリア国内からイスラエルに向けたミサイル発射への報復として行われた。それらミサイル発射の目的はイスラエル攻撃であった」とイスラエル軍の声明を引用した。

イスラエル国防軍の声明によると、約20の標的に対して攻撃が行われ、そのうち半数以上がイラン革命防衛隊のものだったという。標的の一つはダマスカス空港の近くにあり、コッズ部隊の本部がある。イスラエル国防軍はコッズ部隊本部の完全な破壊を敢えて避けたということだ。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント