15:47 2020年10月28日
中東
短縮 URL
イランでウクライナ機墜落 (19)
0 124
でフォローする

10日、イランは、乗客乗員およそ180人を乗せイランで墜落したウクライナ国際航空のボーイング737-800型機について、旅客機がイランによって撃墜されたという主張は「心理戦」であると明らかにした。ロイターがイラン政府のラビエイ報道官を引用して伝えた。

イランは事故で国民を失った国々が調査に参加することを歓迎した。さらに、ボーイングの代表がブラックボックスの解析に参加することを求めた。

さらに、イラン民間航空局のアリ・アベドザデフ局長は改めてウクライナ航空ボーイング機とミサイルとの関連を否定した。

先に、米国の複数のメディアはウクライナ旅客機がイランによって誤って撃墜された可能性が高いとする米政府関係者の見方を報道していた。

また、カナダのトルドー首相は旅客機がミサイルによって撃墜されたことを示す証拠があると語っていた。

イランでボーイング機墜落

イランの首都テヘランで8日、ウクライナ国際航空のボーイング737-800型機が墜落した。キエフ行きのボーイング機は、テヘランのイマーム・ホメイニ空港を離陸した直後に墜落した。

同機に搭乗していたイラン人、ウクライナ人、カナダ人、ドイツ人、スウェーデン人、アフガニスタン人の乗客167人と乗員9人の計176人が全員死亡した。

先に発表されたイラン民間航空機関の報告書によると、ボーイング機は飛行中にすでに燃えていたという。

トピック
イランでウクライナ機墜落 (19)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント