09:06 2020年04月02日
中東
短縮 URL
1210
でフォローする

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がトルコのレジェップ・エルドアン大統領と電話会談を行った。両大統領は、シリアの都市イドリブでの状況悪化について検討を行なった。同都市では、この1週間半の間に何度か武力衝突が発生しており、それにはトルコやシリア、ロシアの軍隊、また、新トルコ派の戦闘員らが参加している。

ロシア政府によれば、ウラジーミル・プーチン大統領は、過激派集団の攻撃的行動の継続に対し深刻な懸念を表明した。

また、エルドアン大統領はプーチン大統領に対し、バッシャール・アサド大統領の政府軍は紛争において最大限の自制に努めなければならないと指摘した。そのほか、エルドアン大統領は、イドリブでの人的惨事の防止の必要性を強調した。同大統領によれば、トルコ政府は、バッシャール・アサド軍側の行動からシリアの現在位置から離れることはないという。

イドリブでの状況の悪化は先週発生した。はじめにシリア政府軍がトルコ軍に攻撃を行い、その報復としてエルドアン大統領の軍隊はシリアのヘリコプターを撃墜、戦車を殲滅し、100人以上の兵士らを無力化した。

20日、ロシアの戦闘機SU‐24がシリア西部の新トルコ派の武装集団の前進基地を攻撃した。

タグ
レジェップ・エルドアン, ウラジーミル・プーチン, シリア, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント