20:55 2020年05月25日
中東
短縮 URL
0 22
でフォローする

サウジアラビアは未成年犯罪者に対しては死刑の廃止を決定した。同国の人権委員会の公式サイトで明らかにされた。

同委員会によれば、従来、未成年者に行われていた死刑に代わって禁固刑が処せられる。刑期は10年間を超えてはならない。

サイトにはサウジ人権委員会のアヴヴァド・アリ・アヴヴァド委員長の声明が表されている。「サウジアラビアにとって重要な日だ…。この政令は現代的な刑法の創設の一助となるだろう。」

先週、サウジアラビアは未成年の違法者の対する刑罰形式を一部廃止した。これにより未成年犯罪者を鞭や棒で打つ刑罰は今後、禁止される。

サウジアラビアの刑法改革のニュースを西側諸国のマスコミは、サウジの有名な人権擁護家のアブドゥラ・ハミード氏の獄死と同時に報じた。ハミード氏はサウジアラビアの人権遵守および立憲君主制の導入を訴えていた。

関連ニュース

カショギ氏殺害で5人が死刑判決 サウジアラビア

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント