22:45 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    最初はBrexitで今度はトランプで、社会学者らはなぜ予測を誤ったのか?

    最初はBrexitで今度はトランプで、社会学者らはなぜ予測を誤ったのか?

    © REUTERS/ Mark Kauzlarich
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    米大統領選挙 (68)
    114734445

    民主党のドナルド・トランプ候補は勝利に必要な選挙人の票数を集めて米大統領選挙に勝利した。トランプ氏は一時は民主党がリードしていた複数の選挙区で勝利を収めた。

    トランプ氏の結果はまた、選挙戦でクリントン氏が数パーセントの差で勝利すると予測していた社会調査の数値とは完全に異なる。とはいえ投票日当日にトランプ氏はいくつかの選挙区での支持率の数値は改ざんされた恐れがあるという声明を出し、世論調査の一部は完全にまがい物である可能性を指摘した。

    いずれにせよ、有権者は社会学者らの世論調査を信じなくなる事態が近い将来にも起きそうな感触だ。 社会学者らはなぜ予測を見誤ったのか? 予測の精度には何が影響するのだろうか? ロシア連邦付属金融大学政治学科のゲヴォルグ・ミルザヤン助教授はこれについてスプートニクに対し、次のような見解を表している。

    「重要な役割を果たしたのは高い投票率だった。トランプ氏は自分に票を投じる有権者を投票所にうまく誘導した。彼は投票所に行く必要性を説き、勝つのは、大多数の票を集めている人ではなく、投票に行く必要性を自分の支持者に納得させた人だということを理解させ、これが功を奏した。第2は、いわゆる『シャイなトランプ支持者』の要因だ。Brexitの時と同様、英国内ではEU離脱の支持を表明するのはお行儀が悪いとされたのと全く同じ状況が生まれてしまったのだ。つまり自己の見解表明を迫られたときには英国市民は相手が期待することを口にし、EU離脱には反対するとか、まだ決めていないと答えていた。ところが投票所にいくや自分の思うところ、つまり離脱に一票を投じた。これに一種似た状況が今回のトランプ氏への投票行動でも起きた。トランプ氏に投票するなんてとんでもないことだと長い間吹き込まれたおかげで、有権者は彼を支持することを隠していたのだ。そしてこれに大きなモチベーションも加わった。抵抗のしるしとして票を入れに投票所に行くというものだ。さらにもう一つの側面はアフリカ系米国人は当初からヒラリー氏の側につく傾向だったのに、その大多数は投票所に足を運ばなかったということだ。まさにこうした個々の要因が寄せ集まってトランプ氏の勝利に導いたのだ。」

    ドイツのウルズラ・ゲルトルート・フォン・デア・ライエン国防相は米大統領選挙の予期せぬ展開を「大きなショック」と評した。ARDテレビの中継でライエン独国防相は自己の見解として、トランプ氏はこの投票は自分に投じられたものではなく、米大統領府に対する反対票、現政権の政治エリートらに対するアンチの票であることを知っているはずだと語っている。欧州議会のシュルツ議長もトランプ氏の勝利は欧米関係を複雑化させる恐れがあるとの見方を示し、「その他大勢と同じく、クリントン氏が勝利すると思っていた」ため驚いていると語った。

    トランプ氏の勝利が欧州のエリートらをこれだけ呆然と当惑させたのはなぜだろうか?

    「欧州は実際、トランプ氏の勝利を予期していなかった。しかも選挙戦でトランプ氏はNATOの欧州連合国との関係見直しを約束している。しかもこれらの国々に対し、国防により金を掛けさせると公約していた。トランプ氏はまた欧州との大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定(TTIP)にも疑問を呈している。つまり今の今まで欧州はヒラリー・クリントン氏とこの先どう作業をすすめていけるかはわかっていたが、トランプ氏を相手にした場合はどうしたらいいかは全くわかっていない。だが正直なところ、これはロシアも現時点では理解していないのだ。だが大事なのは選ばれた人間と作業を行なうことだ。これは通常の状態だ。」

    この罪。米国エリート層が描いていたもの、社会に広く浸透していたものとは全く異なる結果になってしまったというそもそもの罪は、ミルザヤン氏はCNNテレビにあるとして、次のように語っている。

    「選挙戦の全期間を通じてCNNはトランプ氏は最悪の候補者であり、裏切り者、ファシストだと有権者に積極的に吹き込みつづけ、これによってオーディエンスの中にトランプ氏への憎悪心をはぐくんできた。だがまさにこれがゆえに全く逆の結果が得られてしまった。つまり本当のところトランプ氏に投票する構えであっても、それを投票者がそれを表明しないようにさせてしまったのだ。この犠牲になったのが社会学者だ。これは古きよき米国のイメージを貧しくし、変えてしまうことに対して中間ホワイト層が起こした一種の反乱である。ひとりひとりが自分の運命に責任を持ち、100万ドルをも稼ぎ出すことのできる米国というイメージ。どこかのおかしな国が描くような貧困にあえぐ米国という、もう米国人でさえも理解できないような新たなイメージを払いのける気持ちがマージナルからメインストリームへ戻るというこの中間ホワイト層の反乱において表されたのだ。」

    トピック
    米大統領選挙 (68)

    関連:

    トランプ氏の「政治的秘密兵器」を発見
    日本人専門家:トランプ氏が大統領になれば日露外交の自由度が増す
    タグ
    ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      トランプの勝利のための縁の下の力持ち
      が、このような人たち
      【オリガーキーは、大統領選挙で、まだ不正ができるだろうか?】
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-d693.html
      >選挙は、トランプが負けるように仕組まれていた。サンプル中のヒラリー支持者を過大評価して、ゆがめた世論の目的はそれだった。ヒラリーが先行しているという聞き取り世論調査結果から数週間後には、国民は、選挙不正という主張を割り引きして聞くだろう。電子投票のおかげで、選挙投票の結果を改竄するのが容易になっており、不正選挙専門家による、いかにして不正が行われかという説明を私は掲載した。
      (↑、このような事実を先に公表しておくことで、奴らはその不正を行うということが大きなリスクになった。ポール氏たちは、不正を阻止できたことになる。)
      (また、それだけで阻止できたわけがなく、奴らが本気だったら、国民感情など無視しても行えた。上以外の「理由」として、NWO側の分裂がある。ネオコン内部でさえ、ヒラリーは不評、嫌われている。よって、ウォール街とネオコン以外の者たちはヒラリーを当選させたくなくなった。傍観を決めるどころか、密かにトランプ側に走った。それが、ヒラリー側についている者で”ヒラリーに不信感を持っている者たち”を同様させた。「開票操作ができなかった」のも「テロができなかった」のも「サイバー攻撃を行えなかった」のも、そこだろう。勿論FBIが幾人かを動かしていた、ということもあるだろう。
      ヒラリーはCIA側だ。FBIにとってはCIAは国家アメリカに対する反逆組織でしかない。実際反逆的な行動しかしていないので、まぁ、事実だがw。古き良きアメリカを知る者、その時代にまだ生まれてはいなかったが、その時代を好きな者、は、トランプに夢をみることはできても、ヒラリーには悪夢しか見えない。そういうこなど、様々なことが重なり、ヒラリーは「自業自得」に落ちることができた。このあと、FBIとトランプが、どのようにヒラリー一派の「国家アメリカに対する様々な反逆的行為全てに対して適正な罰を与えられるのか?」が重要となる。
      勿論サブプライムテロも奴らによって故意に起こされたし、911も奴らの仕組んで行ったことだ。)


      >Paul Craig ROBERTS
      2016年10月28日

      オリガーキーはどのように不正選挙をするつもりなのか

      アメリカを支配しているオリガーキーは、大統領選挙で不正をするつもりだと、私は今確信している。過去、オリガーキーは、これまでの両党候補者いずれも、オリガーキーの手先だったので、どちらが勝っても気にしなかった。だがトランプは連中の手先ではない。
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-1b73.html



      >彼女は、人々のネットワークと、特定国とのつながりネットワーク代表なのです。問題は、ヒラリー・クリントンが、この広範なネットワーク中で、どのような位置を占めているのかです。彼女は中央の歯車なのです。巨大銀行ゴールドマン・サックスや、ウオール街の主要企業、諜報機関や国務省の連中やサウジアラビアに至るまで、実に多くのギアが動いているのです
      >彼女は、こうした様々な全ての歯車を相互に結びつけている中心歯車なのです。彼女は全ての中心的代表で、‘全ての’というのは、事実上、現在アメリカ合州国で権力を握っている連中です。我々が、支配体制、DCコンセンサスと呼んでいるものです。我々が公表した、より重要なポデスタ電子メールの一通は、オバマの閣僚がいかにして形成されたか、オバマ閣僚の半数が、いかに、基本的にシティバンクの代表者によって指名されているかを示しています。これは驚くべきことです
      >リビア、誰の戦争というよりも、ヒラリー・クリントンの戦争でした。バラク・オバマは当初、反対しました。一体誰がこれを主張したでしょう? ヒラリー・クリントンです。彼女の電子メールに証拠として残っています。彼女はお気に入りの代理人、シドニー・ブルーメンソールをこれに当てました。我々が公表した33000通のヒラリー・クリントン電子メールの中には、リビアに関する1700通以上の電子メールがあります。リビアに安価な石油があったからではないのです。カダフィ排除と、リビア国家の打倒 -- 大統領本選挙への準備に利用したいものだと、彼女は感じていたのです。

      2011年末に、ヒラリー・クリントンのために作成された「リビアのチクタク」と呼ばれる内部文書があり、それは、リビア国内で約40,000人の死者をもたらし、聖戦士が入り込み、ISISが入り込み、ヨーロッパの難民・移民危機を招いたリビア国家の破壊で、彼女がいかに中心人物であるかという時系列的説明になっています。

      >トランプは勝利することを許されないだろうというのが私の答えです。私がそう言う理由ですか? ありとあらゆる支配体制を、彼から離していますから。トランプを支持している支配体制はありません。あるいは、もし彼らを体制派と呼べるなら、福音主義派を例外として。しかし銀行、諜報機関、兵器会社... 巨大な外国の金 … 全てヒラリー・クリントン支持で団結しています。マスコミも、マスコミのオーナーも、そして、ジャーナリスト連中さえも

      >ドナルド・トランプ[について話しましょう]。 アメリカ人の心、ヨーロッパ人の心の一体何を、彼は代表しているのでしょう? 彼は[ヒラリー・クリントンがそう呼んだ]‘惨めで、救済しがたい’アメリカの下層白人を代表しているのです。体制側、あるいは教育のある国際的な洗練された視点からすれば、こうした人々は教養の低い白人のようなもので、誰も連中とは付き合えません。彼は実にはっきりと -- 彼の言葉と行動で、彼の集会に参加する人々のタイプ -- 中流ではない、上流中流の教育のある階級ではない人々を代表しているので、何らかの形で、彼らと関連しているように見られるのは社会的恐怖で、ヒラリー・クリントンに対するあらゆる批判を含めて、何らかの形でトランプを支援していると非難される下層階級という立場を皆恐れているのです。中流階級が、いかにしてその経済的、社会的な力を得ているかを見れば、とてもつじつまが合っています。

      >そうです。欧米には、政治囚がいるのです。それが現実です。私だけではありません。他にも多数の人々がいるのです。欧米には政治囚がいるのです。もちろん、政治的理由で、投獄なり拘束されている人々を政治囚と呼ぶべきだということを受け入れる国はありません。中国では、そうした人々を政治囚とは呼びません。アゼルバイジャンでは、そうした人々を政治囚とは呼びません。アメリカ合州国、イギリスでもスウェーデンでも、そうした人々を政治囚とは呼びません。このような自己認識であるというのは、全く耐えがたいことです。
      >JA: 事件、スウェーデン事件がありますが、私はスウェーデンでは犯罪で起訴されてはいないのです。私は既に疑いが晴れていて、ストックホルム検事] 無罪であることが判明しています。女性本人が警察がでっちあげたと言っています。国連が正式に、全てが違法だと言っています。エクアドル国も捜査し、私は亡命を認められるべきだと認めたのです。それが事実ですが、言説は一体どうなっているでしょう?

      JP: ええ、違いますね。

      JA: 言辞は偽りです。いつも私が犯罪で起訴されている振りをしています。既に疑念は晴れていることには決して触れません。女性本人が警察のでっち上げたと言っていることには決して触れないのです。

      [言辞]は、国連が正式に、あらゆることが違法であると認めている[という真実]を避けようとしています。エクアドルが、正式な手順で正式な評価を行い、私がアメリカ合州国による迫害にさらされていることを認めたことは絶対に触れません。
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-f018.html



      >トランプは正しい。アメリカの選挙では不正が行われている。制度は、支配層の権益に合わないあらゆる候補者に対して、酷く不利になっている。マスコミによる周到に用意された大規模な反トランプ・キャンペーンが、その証拠だ。
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/911-5e68.html

      >約二週間前の10月21-22日、アメリカは広域のインターネット停止に見舞われた。“分散型サービス妨害”の黒幕は特定されなかったが、範囲は全国規模で、一時的に多くの有名な消費者向けサービスが使えなくなった。ある元アメリカ国土安全保障省幹部は、出来事には“予行演習と見なせるあらゆる兆候がある”と述べた。

      あのサイバー攻撃は、アメリカの陰の政府機関による仕業、11月8日の投票日に予定されている、より大規模な停止の予行演習だった可能性はあるのだろうか?
      (↑、こういう馬鹿なことをするから、離反する者が増えるんだ。愚か者どもが焦って更に愚かな事をする。ヒラリー側にいた者たちは、この件がまさしく「予行演習」だとすぐにわかったのだ。)



      プーチンは、この↓のことを、トランプと共同でうまく持って行くことが可能になった。
      今まで持って堅持していた「固定概念」を捨て、トランプとその側近たちと、どうにかうまくすべての悪を取り除く作業にすぐにとりかかってほしい。
      >プーチン大統領のバルダイ演説: オバマの遺産は改めることが可能だ
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-ed06.html
      ↑、
      シリア、
      NATO,
      南シナ海(対中国姿勢)、
      NWO(アメリカ議会ロビーたちとそれに買収されている売国奴たちの件)、
      TPPやFTAなど、
      動労や雇用などの法規等アメリカ経済を崩壊させているものの全て、
      などなど、
      棺桶に入り切っている今のアメリカにやらなければならないことは、気が遠くなるほど多いし、難題ばかりだ。ケネディはその途中で暗殺./された。

      トランプを守れるのはアメリカ人たちだけではない。
      ロシアも、
      中国も、
      イランも(トランプと理性的に誠意を持って話せば、奴は理解する。奴は旧式のビジネスマンだ。情もある。解決できるまで話せば、必ず解決できる。イラン側は、トランプが持たされている既成概念を取り除く義務がある、自国のために、自国の国民たちのために、だ。



      >アメリカ人ジャーナリスト、エドワード・バーネイズは、現代のプロパガンダを発明した人物と言われることが多い。

      歪曲とごまかしの婉曲表現として、“広報活動”という言葉を創り出したのは、心理分析の先駆者、ジーグムント・フロイトの甥、バーネイズだった。
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-f084.html



      >ヒラリーが、彼らの完全な下僕である、アメリカを支配しているオリガーキーは、これを心配しているのだ。連中は、トランプに一体何をするつもりだろう? 彼の運命は、ジョン・F・ケネディや、ロバート・ケネディや、マーチン・ルーサー・キングやジョージ・ウォーレスと同じになるのだろうか? 時間がたてば分かる。それとも、オリガーキーがドミニク・ストロス-カーンを排除したのと同じ形で、最後の瞬間に、ホテル・メイドが登場するのだろうか?

      アメリカと欧米のフェミニスト、進歩派や左翼の残滓全員が、ストロス-カーンをはめた、この見え見えのでっち上げにひっかかった。ストロス-カーンがフランス大統領になるのを阻止され、IMF理事長を辞任した後、ニューヨーク当局は、ストロス-カーンに対する全ての告訴を取り下げざるを得なかった。だが、アメリカ政府は、その傀儡サルコジを、フランス大統領に据えることに成功した。
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-4a08.html



      >選択肢、その二: トランプ勝利。問題: 彼は全く孤独だ。ネオコンは、議会、マスコミ、金融機関と裁判所を、もう完璧に支配している。夫クリントンから、妻クリントンまでの間に、連中は、ペンタゴンや、国務省や、三文字の政府機関に深く潜入してしまった。連邦準備制度理事会こそ、連中の拠点だ。トランプは、こうした“地下にたむろする猛烈な狂人連中”に一体どう対処するのだろう?
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-faca.html



      >新たに暴露された電子メールの内容のためではなく、有権者のトランプ支持が圧倒的で、聴衆をかき集めることができないので、ヒラリーが集会をキャンセルしているため、彼女によるアメリカ国家安全保障の手順違反のかどで、FBIがヒラリー調査を再開したという話が、ワシントンから私の耳に入った。トランブに対する国民の支持が、ヒラリーを放免した腐敗ゆえに、FBIを全く孤立状態にした。FBIは自らを救うしかなくなったのだ。

      私自身、一体どう考えるべきか良くわからない。4分の1世紀、ワシントン権力構造の頂点にいたので、私は多くの誤った判断を見てきた。一時期、私にはCIAに対する召喚権限があり、レーガン大統領に、CIAが彼を欺いていることを知らせることができた。彼はそれに配慮し、ソ連との冷戦を終わらせる政策を推進した。政府には、実際に存在する以上の品位があるだろうと思ってしまい、他の諸問題で、失敗したことがある。
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/fbi-5af4.html




      そして、
      これを辛抱強く、そして日本語読者に解り易く翻訳し、記事にして毎日のように更新しているブログ主氏。



      彼らによって、トランプは「正常な選挙状態」を得ることはでき、勝利を得た。

      縁の下の力持ちたちよ、ありがとう!!
    • avatar
      junobejp
      ヒラリーは支配層の代理者だとバレバレで、トランプ集会はいつも超満員なのにヒラリー集会は閑古鳥。 ヒラリー演説の聴衆もコピペやウロマキー合成でごまかしてるのもバレてるし。 インチキしようにも、差が大きすぎましたね。
      twitter.com/kininaru2014111/status/795479860181204992
      twitter.com/_yanocchi0519/status/793133259244777473
      twitter.com/_yanocchi0519/status/793121265947058176
      www.youtube.com/watch?v=Ppv9sMggnu4
    • 稲美 弥彦
      取りあえず、TPPの危険性は小林よしのりさんの記事で毎回、出てくるのでこれを参考に。

      ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1145852/#comment_field

      トランプになった事でアメリカか中国の争いでなく、TPPやAIIB等のグローバリズムに大権を与えるものに対して反対しなければならない。
      例えば、TPPやTTIP、RCEP等の自由貿易協定、パリ協定等のエコペテン、AIIB等のグローバル資本促進銀行は何れもISD条項が含まれ、尚且つIMFやWTO等がそれを支援している。
      EU等もそうだ。
    新しいコメントを読む (0)