23:43 2017年07月23日
東京+ 28°C
モスクワ+ 22°C
    安倍首相は親ロシア路線を完遂する安倍首相は親ロシア路線を完遂する

    安倍首相は親ロシア路線を完遂する

    © REUTERS/ Issei Kato © AP Photo/ Wilfredo Lee
    1 / 2
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    森友学園をめぐるスキャンダル (10)
    752623729

    日本では、安倍晋三首相とその妻が間接的に巻き込まれたスキャンダルが、今もまだ続いている。

    スプートニク日本

    与党とその党首の信頼失墜のためなら、どんな口実を利用することも厭わない野党議員は、土地の違法取引の詳細を明らかにし、評価の割れる教育機関「森友学園」に対する首相の非公式な保護を解き明かそうとしている。このスキャンダルは日本の尺度では深刻なスキャンダルである。もし安倍氏の同取引への関与が証明されれば、安倍政権が始まって以来、最も深刻なスキャンダルのひとつとなる。

    しかし専門家は、このスキャンダルで安倍首相の立場が大きく損なわれることはないと確信する。それを示しているのが、首相と同じ自民党の議員が野党による安倍夫人の証人喚問を認めず、総裁の任期を3期に延長すると発言したことである。

    極東研究所・日本研究センター所長のワレーリー・キスタノフ氏は言う。「このスキャンダルは純粋な内政ゲームであり、たとえさらに発展したとしても、安倍首相の弾劾に繋がることはありません。世論調査によると、安倍政権は高い支持率を得ています。今回のスキャンダルで確かに支持率は若干低下しましたが、それでも支持率50%というのは十分に大きいものです。彼が首相になるまでは、毎年、首相が交代していました。ところが安倍氏は2012年から首相のポストに就いたままです。彼ほどの支持率を得た首相はこれまで一人もいませんでした。おそらく、安倍首相の任期は2021年まで延長されるでしょう。何しろ、彼の代わりになる人物が周りには他にいないのです。与党・自民党にさえも、あれだけの大きさの人物はいません。野党はというと、混乱と動揺ばかりです。ですから、弾劾など起こりませんし、安倍首相は2021年まで現職のままでしょう。これは間違いなく保証できます。岸田外務大臣の方は、これほど強い立場ではありません。」

    ところで、日本外務省には安倍首相の親ロシア路線に反対する人が少なからずいる。そのため、ロシアは今回のスキャンダルを注視しており、日本の国内問題が、やっと前進が見え始めたばかりの二国間関係にどれほどの影響を及ぼすのかを気にしている。東京とモスクワが、安倍首相が訪ロする可能性のある時期として4月27日、28日を既に予定している中、ロ日対話が立ち止まってしまうことはないのだろうか?これについてワレーリー・キスタノフ氏は次のように言う。

    「安倍氏は逆行を許すような人物ではありません。彼はやはり非凡な人物で、現在の日本の政界には彼と並ぶ人物はいません。彼がいったん親ロシア路線をとったのであれば、それを最後まで完遂するでしょう。彼はワシントンの大声での制止さえも、G7の不満さえも無視しています。これは、安倍首相がロシアとの領土問題解決のカードにとても大きく賭けているということを示しています。そして、彼は領土問題解決をプーチン大統領との個人的な信頼関係構築の中に見ています。どんな批判があっても、もう彼をこの道から退かせることはできません。たしかに、野党は安倍首相をたくさん批判していますし、プーチン大統領との会談も批判の対象となっています。安倍首相はプーチン大統領に経済協力プランであまりにも多くのことを約束しすぎており、それに対して日本は島に関して何も得てないと言われているのです。しかし、これが安倍首相の弾劾に至ることはありません。ですから、安倍首相の親ロシア姿勢に反対する政敵が、今、急に活発化するということは考えられません。」

    野党が安倍首相の陰謀への関与を取り沙汰そうとする中、安倍首相自身は、もし罪が証明されたなら辞任すると約束している。しかし、その可能性は高くないようだ。

    トピック
    森友学園をめぐるスキャンダル (10)
    タグ
    スキャンダル, 森友学園問題, 森友学園, 安倍晋三, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント