15:42 2017年12月12日
東京+ 10°C
モスクワ-1°C
    北朝鮮

    どんなミサイル防衛システムも、殺到する難民の前には無力

    © REUTERS/ Kim Hong-Ji
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    2132

    トランプ米大統領の日本訪問の結果として、日米は北朝鮮をめぐる状況に対して、軍事力で問題を解決することも厭わない、と報じられ、防衛・エネルギー政策分野で多くの新規契約が結ばれた。トランプ氏は「私の日本訪問と安倍氏との友情は、我々の偉大なる国に利益をもたらすだろう」と、お気に入りのツイッターで発言した。しかし日本にとって事はそう単純ではない。

    スプートニク日本

    もし朝鮮半島が緊急に戦闘状態になれば、日本には戦火を逃れようとする人が殺到するだろう。そうなってもアメリカ製の武器が日本を守ってくれるわけではない。NHKが13日に報じたところによると、日本の厚生労働省は、万が一有事が起きて大量の難民が日本にやってきた場合に、保護した施設などで感染症が発生するおそれがあるとして、専門家による研究班を立ち上げるとのことだ。また、13日午後に北朝鮮から南北軍事境界線を越えて北朝鮮兵士が韓国に亡命した。この兵士は銃撃を受けて生死の境をさまよっているが、治療の過程で、兵士の体内に最大で27センチにもなる無数の寄生虫がいることが明らかになった。治療にあたっている韓国の外科医は、このような寄生虫は見たことがないと話している。

    ​ロシア科学アカデミー極東研究所、日本研究センターのワレリー・キスタノフ所長は言う。

    「北朝鮮の行動に対して、日本社会は恐怖を感じていますから、政府は事前の策を講じているのだと思います。日本には難民を受け入れたという大きな経験はありませんが、グローバリゼーションの時代においては、世界規模のカタストロフィーから身を隠すことはできません。ヨーロッパは近年、文字通り、難民の波に覆いつくされました。もし北朝鮮の体制が崩壊すれば、日本ももしかすると同様の問題に直面するかもしれません。軍事闘争が起きたとしたら、北朝鮮の人々は韓国や中国、ロシアといった、国境を接している国に逃げようとするでしょう。しかし彼らにとって最も魅力的な国は、疑いなく日本なのです。すべての思いつく手段を用いてなんとかたどり着こうとするでしょう。小船をこいで対馬(長崎県、玄界灘)に到着しようとするでしょうね。対馬は地中海のランペドゥーザ島のように、難民の中継点になってしまうでしょう」

    日本ではあらかじめ準備すべき医薬品や医療機器が検討され、感染症を早期に特定するための医療体制が作られる見通しだ。しかし医療および人道的な問題のほかに、日本政府は国内に難民のふりをしたテロリストが入り込んでくるのを防がねばならない。この点を最初に指摘したのは麻生太郎氏である。麻生氏は今年9月、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と発言した。

    キスタノフ氏は「この状況はヨーロッパと変わりません。難民のふりをして破壊工作者が流れ着くかもしれない。彼らは生命の危機にかかわる対象施設において破壊工作を行なうかもしれません。もし原発で何か起これば大惨事になります。ある程度のパニックはありますし、起こるかもしれない軍事衝突に向けてあらゆる基本的な準備をしておくことは、何も驚くべきことではありません」

    しかしながら、朝鮮半島からの難民が日本を覆う前に、日本政府にとって一番大事なのは、韓国から逃げてくる日本人を助けることだろう。現在約5万人の日本人が、韓国に居住し働いている。

    タグ
    移民, ドナルド・トランプ, 日本, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント