15:10 2019年10月23日
アンドレイ・ラズキン

「あれはすごかった!」アンドレイ・ラズキンが東京の印象と日本のファンに惚れ込んだことを語った

© Sputnik / Alexey Philippov
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
0 132
でフォローする

福岡で世界フィギュアスケート国別対抗戦が閉幕した。今年のロシアの男子チームには、今年初めて世界選手権にデビューした21歳のアンドレイ・ラズキンが入った。つい最近まではエリザベータ・トゥクタミシェワのボーイフレンドとしか呼ばれていなかったが、昨シーズンは彼にとって飛躍の年となった。そのアンドレイ・ラズキンがスプートニクのインタビューで、東京の印象や、日本のファンに惚れ込んだことなどを語ってくれた。

スプートニク日本

埼玉で開催された世界選手権で、アンドレイはショートとフリーの二つのプログラムで完璧な滑りを見せ、10位に入った。そして、福岡での国別対抗戦でも自信に満ちた姿を見せた。しかし、スポーツの専門家によると、アンドレイ・ラズキンがフィギュアスケートの世界トップ選手と競合するには、来シーズンのプログラムに新しいコンポーネントを入れ、難易度を大きく上げなければならないという。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Elizaveta Tuktamysheva (@liza_tuktik)

アンドレイ・ラズキンはスプートニクのインタビューで、2019年の埼玉の世界選手権で初めて訪れた日本にもう一度戻って来られたことを嬉しいと語った:「大会の後は東京の中心部を散歩することしかできませんでしたが、その短い時間でも、東京の街と人々には素晴らしい印象を受けました。日本に来るとすぐに、異なる文化が感じられますし、街中にも独特の雰囲気があります。けれど、東京ではお気に入りの場所を見つけることはできませんでした。あまりにも時間が短すぎたからです。それでも、東京で日本料理を食べることはできました。実際、とてもおいしかったです。けれど1回で日本料理の大ファンになるまでには至りませんでした。」

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Токийский дрифт 🛸

Публикация от Andrey Lazukin (@lazuking_andrey)

そのかわり、アンドレイは埼玉の世界選手権で出会った日本の観客には一目で惚れたという。日本の観客は日本人選手以外のことも、とてもあたたかく応援してくれるからだ。アンドレイは言う:「あれは本当にすごかったです!日本のファンの愛を初めて自ら体感しました。これまでに観客からあれほどの感情を受け取ったことも、見たこともありません。これも私にとっては、日本について強く印象に残っていることです。」

フィギュアスケートの日本人選手については、高橋大輔が大好きだという:「彼のスケートは身のこなしもカリスマ性も素晴らしい。彼のプログラムは振り付けも魅力的で、体の動きを通して自分を表現する驚くべき能力もある。羽生結弦ももちろん大好きで、彼の素晴らしい音楽性とジャンプには感嘆する。」

アンドレイ・ラズキン自身は、今年の新しいフリーのプログラムにピョートル・チャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」を選んだ。彼はスプートニクに対し、曲の選定には彼の性格が影響することが多いと語ったものの、自分がどれほどロマンチストで惚れやすいのかは秘密にしたいという:「内向的な性格なので、自己表現にはクラシックが特に向いていると思います。けれど総じて、いろいろと試してみるのが好きですし、さまざまな姿を見せたいと思っています。氷を離れると、もちろんロマンチストになることもありますが、エリザベータ・トゥクタミシェワとのロマンティックな関係は私のフリーのプログラムとは一切関係ありません。曲を提案してくれたのはコーチのアレクセイ・ミシンで、私はその選択に大賛成しました。」

アンドレイ・ラズキンはいくつかのインタビューで、練習以外の自由時間には読書をするのが大好きだと語っている。埼玉での世界選手権の後、彼は日本の作家の作品にも触れてみるつもりだという:「ムラカミ(村上春樹)のことはよく聞いているのですが、まだ読んだことはありません。けれど、ちょうど日本を初めて訪れたことで、読んでみたいという気持ちになり、日本の作家を読んでみたいという関心が生まれました。近いうちに読むと思います。」

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アンドレイ・ラズキン, エリザベータ・トゥクタミシェワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント