17:45 2020年10月27日
  • ミイラ「ウコクの王女」をロシア・アルタイ共和国に輸送
  • スキタイの墓から発掘した黄金の櫛。ソロハ古墳
  • 遺跡ギョベクリ・テペ。トルコ
  • アンティキティラ島の機械の一部。アテネの博物館
  • ファラオ・ツタンカーメンを石棺から取り出す。エジプト
  • 巨石人頭像。ロサンゼルス博物館
  • ナスカの地上絵
  • 兵馬俑
  • ミイラ化したメスのマンモス、ユカがモスクワに運ばれた
  • コスタリカの石球がコスタリカ国立博物館で展示
  • ファラオ・ラムセス3世の息子、ペンタウアー。エジプト考古学博物館
  • アンフィテアトルム。トルコ
  • ヴォイニッチ手稿を調べる研究者
  • 絶滅した鳥類モアの残された脚
  • エジプトで行われた発掘調査で見つかった黒い花崗岩の石棺
  • アッシュールバニパルの図書館から見つかった同義語のリストが書かれた粘土板。大英博物館
  • ヴェスヴィオ山の噴火によりでポンペイで亡くなった遺体の石膏像
  • 要塞都市アルカイム周辺のパノラマ。ロシア
  • 考古学者がデニソワ洞窟で作業中。ロシア
  • 凍結した遺体と一緒に見つかった武器。オーストリア・アルプス山脈
© Sputnik / Aleksander Kryazhev
ミイラ「ウコクの王女」をロシア・アルタイ共和国に輸送

毎年10月第3土曜日は国際考古学デーで、今年の日付は10月20日。考古学デーを記念し、最も謎めいた考古学的発見の写真をまとめてご紹介する。

タグ
写真, 考古学, 歴史
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 「アマチュア―自然・風景」部門1位入賞作品『Janela』 Carlos F. Turienzo氏(スペイン)
    アップデート: 2020年10月26日 22:32
    2020年10月26日 22:32

    息をのむ景色:EPSON国際パノラマ写真コンテスト2020入賞作品

    EPSONが主催する国際パノラマ写真コンテスト「The 11th EPSON International Pano Awards」が今年も開催された。今回は96か国のプロ・アマカメラマン1400人以上が応募し、6000点近くのパノラマ写真が集まった。その中から選ばれた入賞作品の一部をご紹介。

    21
  • ロシアで開催されたメルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク
    アップデート: 2020年10月23日 21:56
    2020年10月23日 21:56

    今週のベストショット 10月17日―10月23日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ロシア人画家、アンドレイ・タルソフ氏による「COVID-19 サバイバルガイドライン」
    アップデート: 2020年10月22日 18:44
    2020年10月22日 18:44

    ピンナップで「ステイホーム」 ロシア人画家によるコロナ指南書

    米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するロシア人アーティストのアンドレイ・タルソフさんは、新型コロナウイルスから身を守るための「COVID-19サバイバルガイドライン」をピンナップ風に描いている。

    9
  • エチオピアのアムハラ地方の農園で、バッタの死骸を手に取る女性(10月15日)
    アップデート: 2020年10月21日 22:24
    2020年10月21日 22:24

    エチオピアで四半世紀ぶりの蝗害 深刻な食糧危機に

    アフリカ東部のエチオピアでは、過去25年間で最悪といわれている蝗害が現在も続いており、バッタの大群に農作物を食い荒らされた農家たちが悲鳴を上げている。

    12