03:31 2019年06月21日
  • ヘルシンキで行われた、ロシアのプーチン大統領とトランプ米大統領による会談
  • エカテリンブルク動物園で生まれたツノブタの赤ちゃん
  • アリーナ・ザギトワ選手(ロシア)、女子シングル・フリー
  • サッカーW杯ロシア大会で行われた、ロシアとエジプトの両代表チームによる試合の中継を観戦するファン
  • キルギスで、馬を使った国民的競技の試合に参加する人々
  • ソウルの魚売り場
  • モスクワの公園「ザリャジエ」での血のように赤い日没
  • ムールマンスク州のトナカイ
  • キルギスでコンサートを行う舞踊団のメンバーたち
  • 鉄道線路を検査する警察職員たち
  • 伝統的な様式には従わずに、ロシアの祭り「マースレニツァ」を祝う男性
  • タジキスタンで、祭典のためにプロフを作る料理人たち
  • 馬を連れたモンゴル人の牧夫
  • シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで
  • 平壌の停留所でバスを待っている市民たち
  • 国際的なソング・コンテスト「ユーロビジョン2018」のリハーサルを行うアゼルバイジャン出身の女性歌手、アイセル・マメドワ
  • ベルリンで開催された陸上競技の欧州選手権で行われた男子110メートルハードルのレースを終えた、フランスのパスカル・マルティノ=ラガルド選手
  • 共同記者会見を行うロシアのプーチン大統領、ドイツのメルケル首相、トルコのエルドアン大統領、フランスのマクロン大統領
  • 戯れるヒマラヤグマの子供たち
  • 月と飛行機
  • ゴールに喜ぶマクロン仏大統領
  • 東京で開催された「国際ロボット展(iREX)」関連展示会で、ロボットと一緒に写真に納まる女性客
  • イタリアのローマで、雪に覆われた町の中心部を散歩する人々
  • 東方経済フォーラム(EEF)での中国の習国家主席とプーチン大統領 ウラジオストク、EEF展示会を視察
  • 平昌で開催された第23回冬季五輪の開会式で行われたオリンピック聖火の点火
© Sputnik / Aleksey Nikolskyi
ヘルシンキで行われた、ロシアのプーチン大統領とトランプ米大統領による会談

12月は1年の終わり、つまり、総括をする時。スプートニクは、今年の非常に重要な出来事を思い出すうえで役に立つ25枚の写真を皆さんのために選び出しました。でも、これだけではありません。スプートニクの過去のフォトギャラリーには、美しい写真や可愛い写真があふれています!

スプートニク日本

2018年はどんな年だったでしょうか?一緒に思い出しましょう!

トピック
2018年の話題を総括 (64)
タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 「極圏」  イュクワン・ツァン、中国
    アップデート: 2019年06月20日 03:14
    2019年06月20日 03:14

    宇宙の馬、チタンの月 世界最大の天体写真コンクール 受賞作品が発表

    グリニッジ天文台が主催する世界最大級の天体写真コンクール「Insight Investment Astronomy Photographer of the Year 」が今年の最優秀作品を発表した。

    20
  • レニングラード州でひな鳥たちとともに過ごすコウノトリ
    アップデート: 2019年06月18日 20:15
    2019年06月18日 20:15

    これは吉兆 露レニングラード州にコウノトリ飛来

    ロシア北西部レニングラード州から吉報が届いた。コウノトリが飛来したのだ。この鳥は世界の様々な国で昔から敬われ、数多くの伝承や信仰がコウノトリと結びつけられてきた。もちろん、ロシアと日本もその例外ではない。両国にもまた、コウノトリに関連した言い伝えが存在する。

    8
  • 大型対潜艦の乗組員 露日の共同訓練で
    アップデート: 2019年06月17日 21:21
    2019年06月17日 21:21

    露日海上捜索・救難合同訓練「サレクス」 両国船舶の課題遂行力を見事に証明

    6月15日、極東のピョートル大帝湾海域で露日両国による捜索・救難合同訓練「サレクス2019」が実施された。乗員らは悪天候という恵まれない条件の中、海上救難者の捜索、救助活動を構築した。

    10
  • チリ、アタカマ砂漠にそびえる彫刻「砂漠の手」
    アップデート: 2019年06月17日 17:29
    2019年06月17日 17:29

    地球上で一番雨を待ちわびる、乾いた土地

    6月17日は「砂漠化および干ばつと闘う世界デー」。多くの国にとって夏の到来は酷暑の始まりを意味する。暑さから逃れるのに冷房のスイッチをひねって済む人もいれば、埃を洗い、地熱を冷やすためにひたすら雨を待つしかない人もいる。ところがそんな恵みの雨が数年も待たねばやってこない地域も存在する。地球上で最も乾ききった土地はどんな様子をしているのだろうか?

    12