17:03 2019年02月23日
  • 東京、永楽寿司の店 福綱正敏さんが接客をしている
  • 東京にある永楽寿司
  • 店主の福綱さん、お客さんのために寿司を出している
  • おかみの福綱みつ江さん 東京の永楽寿司
  • 豊洲市場にいる福綱さん
  • マグロの競りの後、卸売業者がマグロをひいていく
  • 福綱さん 魚市場で生のマグロの質を調べている
  • 寿司を握る
  • 東京、永楽寿司の店 福綱正敏さんが接客をしている
  • 福綱さんの握った寿司
  • お客さんの接客
  • 永楽寿司のメニュー
© REUTERS / Issei Kato
東京、永楽寿司の店 福綱正敏さんが接客をしている

すし屋「永楽」は東京の喧騒からは一歩外れた場所にある。観光マップにも書いていない。狭い路地をぬって見つけるのも簡単ではない。店主の福綱正敏さんと妻みつ江さんが二人きりで切り盛りをしている、最後の家族経営のすし屋だ。

スプートニク日本

福綱さんは大半の客が100円寿司を好むか、テレビで紹介されるような銀座の高級レストランに足を運ぶと語る。そのはざまにある小さなすし屋は生き残りをかけて必死の経営を続けている。

競争力を維持するためないためには、価格を抑えるしかない。福綱さんたちはもう10年もランチの値段を上げていない。支出を抑えるため、店主は毎朝自分で豊洲市場へ足を運び、一番いい魚を選ぶ。

永楽の店内は10人もお客さんが入れば満席。大半の客がカウンターを好むのは握りの出来上がってくる様子を眺めたいからだが、年配のお客さんは畳の席を選ぶ。お客さんたちが足しげく通う理由は、店ののれんをくぐると、親たちに迎えられたようにとても心地いいからだ。

タグ
食べ物, 食料, 観光, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 2006年の訓練で実施された、兵士や兵器、貨物のパラシュート降下
    アップデート: 2019年02月23日 09:00
    2019年02月23日 09:00

    ソ連とロシアの軍事訓練

    1918年以降、ロシアでは2月23日が「祖国防衛者の日」として祝われている。この記念日を祝して、スプートニクは読者の皆さんに軍事訓練の写真の数々をご紹介する。ソ連における軍事訓練はどのようなものだったのか、そして現代のロシアではそれがどのように実施されているのか、比較してみよう。

    20
  • 元宵節を祝い、龍舞を披露する中国の人々
    アップデート: 2019年02月22日 22:00
    2019年02月22日 22:00

    今週のベストショット 2月16日-2月22日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホッ トな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    18
  • モルディブは、白い砂浜、うっとりするような静けさ、理想的な気候により、最も魅惑的な場所として知られるようになった
    アップデート: 2019年02月21日 16:31
    2019年02月21日 16:31

    世界で最も美しい島 ベスト10

    サイト「10BestLook」は、世界で最も美しい島ベスト10を発表した。ギリシャ・サントリーニ島の青い屋根の建物やハワイ諸島の竹林など、休暇に最適な島々を通信社スプートニクのフォトアルバムでご覧ください!

    10
  • 「スーパームーン」をバックにしたロープウェイ、ロンドン
    アップデート: 2019年02月20日 18:39
    2019年02月20日 18:39

    2019年最大の満月「スーパームーン」

    2月19日から20日にかけての深夜、満月が今年最も地球に近づき、多くの国でこの魅惑的な現象を見ることができた。

    18