11:05 2019年06月18日
  • 沈没船 日本の神国丸(しんこくまる)
  • 海に沈んだローマ帝国の遺跡 バイアエ海底考古学公園 イタリア
  • 与那国島海底地形  日本、琉球諸島
  • ソナーの画面に映った、沈没したラトビアの掃海艇
  • 1941年、エジプト、スエズ湾で沈没した運搬船とダイバー
  • 1941年、スエズ湾で沈没した運搬船の積み荷
  • 新石器時代の集落に潜水するダイバー  イスラエル、アトリット沿岸部
  • 水底に眠る長持 中国 浙江省 千島湖の底で見つかった古代都市
  • 沈没したタグボート カリブ海 キュラソー島
  • 沈没船に向かって潜水するダイバー 米国ハワイ州 パール・アンド・ハーミーズ環礁
  • レーダーのとらえた第2次大戦で沈没した空母の姿船 北カリフォルニア沿岸部の海底に眠るインディペンデンス沿海域戦闘艦
  • 独ソ戦当時、ロシアの湖に墜落した米国の航空機 ダグラス DC―3 モスクワの北西のトヴェーリ州、シグ湖
  • 沈没船とダイバー カリブ海、ボネール島
  • 紅海のサンゴ礁に沈没した船 ヤニスD
  • 海底からスフィンクスを引き揚げるフランス人ダイバー アレクサンドリア
沈没船 日本の神国丸(しんこくまる)

6月8日は世界海洋デー。この日は地球の水資源の重要性、地表の4分の3を占める海洋について再度見直すいい機会となっている。とはいえ海洋は水資源の源、海洋生物の住処であるだけではなく、多くの不思議もはらんでいる。スプートニク日本は海が水底に隠してきた秘密をご紹介します。

スプートニク日本

世界海洋デーは何を目的としているか? この日は世界の海洋が直面する問題に注意を向けさせ、海洋生物をより知ってもらうために制定された。今、一番大きな問題は海に流れ込むプラスチック。人類が安易に過剰な量のプラスチックを使用したためにこれが地球規模の環境災害を引き起こしてしまった。スプートニク日本も世界に広がる自然保護の動きを支援し、我々を取り巻く環境への注意を喚起していきたいと思います。
世界の海洋が直面する環境問題についてのスプートニク日本の記事はこちらからお読みいただけます。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 大型対潜艦の乗組員 露日の共同訓練で
    アップデート: 2019年06月17日 21:21
    2019年06月17日 21:21

    露日海上捜索・救難合同訓練「サレクス」 両国船舶の課題遂行力を見事に証明

    6月15日、極東のピョートル大帝湾海域で露日両国による捜索・救難合同訓練「サレクス2019」が実施された。乗員らは悪天候という恵まれない条件の中、海上救難者の捜索、救助活動を構築した。

    10
  • チリ、アタカマ砂漠にそびえる彫刻「砂漠の手」
    アップデート: 2019年06月17日 17:29
    2019年06月17日 17:29

    地球上で一番雨を待ちわびる、乾いた土地

    6月17日は「砂漠化および干ばつと闘う世界デー」。多くの国にとって夏の到来は酷暑の始まりを意味する。暑さから逃れるのに冷房のスイッチをひねって済む人もいれば、埃を洗い、地熱を冷やすためにひたすら雨を待つしかない人もいる。ところがそんな恵みの雨が数年も待たねばやってこない地域も存在する。地球上で最も乾ききった土地はどんな様子をしているのだろうか?

    12
  • 国際ピオネール・キャンプで休暇を過ごす学生たち、1963年
    アップデート: 2019年06月16日 07:02
    2019年06月16日 07:02

    ソ連の最も有名なピオネール・キャンプ「アルテーク」

    6月16日は「アルテーク」の開設日。「アルテーク」は1925年にクリミア南部の岸辺に設立され、すぐさまソ連の少年団組織「ピオネール」の代名詞となった。1960年代からは、世界最大級の児童保養施設の地位を獲得した。ここで休暇を過ごしたのはどんな人たちだったのだろうか?

    19
  • Weimin Chu氏による写真「グリーンランドの冬」。「National Geographic Travel Photo 2019」コンテストグランプリ作
    アップデート: 2019年06月15日 09:03
    2019年06月15日 09:03

    ドリームキャッチャー、黄昏のイルカ ナショナル・ジオグラフィック旅行写真コンテストの入賞作品

    ナショナル・ジオグラフィック誌は、毎年実施する旅行がテーマの国際写真コンテストの入賞作品を発表した。

    14