20:23 2019年09月16日
  • ビーチの子どもたち、ピオネール・キャンプ「アルテーク」、1973年
  • 国際ピオネール・キャンプで休暇を過ごす学生たち、1963年
  • 貴賓として招かれたユーリイ・ガガーリン、「アルテーク」、1967年
  • アユ・ダグ山(クリミア半島)から見たピオネール・キャンプ「アルテーク」、1972年
  • ソ連とインドの少女たち、ピオネール・キャンプ「アルテーク」、1978
  • ホルンを演奏する少年、ピオネール・キャンプ「アルテーク」、1964年
  • ピオネール・キャンプ「アルテーク」で休暇を過ごす子どもたち、1970年
  • キャンプ「アルテーク」のピオネールたち、1958年
  • ピオネール・キャンプ「アルテーク」、1967年
  • ウクライナの民族衣装を着たピオネールの少女、1965年
  • クリミアにあるピオネール・キャンプ「アルテーク」での散歩、1967年
  • 元チェスの世界チャンピオン、ミハイル・タリによる「アルテーク」のピオネールを相手にした同時対局、1977年
  • 月面車「ルノホート」の模型の実験を行うピオネール・キャンプ「アルテーク」の子どもたち、1978年
  • 朝の体操、ピオネール・キャンプ「アルテーク」、1975年
  • ピオネール・キャンプ「アルテーク」、1975年
  • ソ連のピオネールと米国の子どもたち、国際ピオネール・キャンプ「アルテーク」、1973年
  • ピオネール・キャンプ「アルテーク」のビーチの子どもたち、1985年
  • ソ連およびインドの子どもたち、ピオネール・キャンプ「アルテーク」、1968年
  • 国際ピオネール・キャンプ「アルテーク」での赤道祭、1970年
© Sputnik / Dolyagin
ビーチの子どもたち、ピオネール・キャンプ「アルテーク」、1973年

6月16日は「アルテーク」の開設日。「アルテーク」は1925年にクリミア南部の岸辺に設立され、すぐさまソ連の少年団組織「ピオネール」の代名詞となった。1960年代からは、世界最大級の児童保養施設の地位を獲得した。ここで休暇を過ごしたのはどんな人たちだったのだろうか?

スプートニク日本

ソ連時代、「アルテーク」での休暇はソ連や外国の子どもたちにとって名誉あるご褒美と考えられていた。この「ご褒美」をもらうためには、ピオネール活動への参加、生活態度、学業成績など、さまざまな分野で自分の能力を発揮する必要があった。「アルテーク」には、ユーリイ・ガガーリン、インディラ・ガンディー、ジャワハルラール・ネルー、ホー・チ・ミンなども訪れている。現在も「アルテーク」には才能ある子どもたちが招かれている。なお、お金を払って宿泊することもできるが、その場合でも、過去3年間で子供が成し遂げた成果を提出する必要がある。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ミンスク国際犬博の優勝者
    アップデート: 2019年09月14日 18:20
    2019年09月14日 18:20

    最高級の美しさ、モコモコの参加者たち:ベラルーシの国際犬博の様子

    9月7日から8日、ミンスクで国際犬博Winner-2019 & Golden Fair-2019が開かれ、犬愛好家と様々な犬種のペットたちが集まった。四本足の参加者の生き生きとした様子を、スプートニクの写真コーナーでご覧あれ。

    14
  • 平壌の金日成広場でおもちゃの車に乗る少年 北朝鮮
    アップデート: 2019年09月13日 20:47
    2019年09月13日 20:47

    今週のベストショット 9月7日-9月13日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • 石炭採掘時、河川の水質変化
    アップデート: 2019年09月11日 10:22
    2019年09月11日 10:22

    溶けつつある氷河、川の汚染、養魚場:地球の鳥瞰図

    ドイツの写真家、トム・ハーゲン氏は世界中を旅し、ドローンを使って地球が人間の活動によってどう変化していくのかを見せてくれる。ハーゲン氏の写真はコンピューターグラフィックに似ており、地球がいかに不可逆的に自然の姿を失っていくかの証明でもある。

    15
  • アレクサンドラ・ボイコワとドミトリー・コズロフスキー
    アップデート: 2019年09月10日 19:55
    2019年09月10日 19:55

    フィギュアスケート・ロシア代表選手たちが、2019-2020のプログラムをテスト演技で披露

    モスクワにあるルジニキ・スタジアムの小アリーナで、フィギュアスケート・ロシア代表のテスト演技が行われた。女子シングル、男子シングル、ペア、アイスダンスの選手たちが、ロシア・フィギュアスケート連盟のコーチ評議会に2019-2020 シーズンのプログラムを披露した。

    18