19:47 2019年08月26日
  • 活火山イジェン山の採取場から硬化した硫黄の入ったかごを運ぶ鉱山労働者
  • 活火山イジェン山で採掘された硬化した硫黄
  • 活火山イジェン山の採取場から硬化した硫黄の入ったかごを運ぶ鉱山労働者
  • 活火山イジェン山で採掘された硬化した硫黄
  • 活火山イジェン山の採取場から硬化した硫黄の入ったかごを運ぶ鉱山労働者
  • 活火山イジェン山で採掘された硬化した硫黄
  • 活火山イジェン山の採取場から硬化した硫黄の入ったかごを運ぶ鉱山労働者
  • 活火山イジェン山の採取場から硬化した硫黄の入ったかごを運ぶ鉱山労働者
  • 活火山イジェン山の採取場から硬化した硫黄の入ったかごを運ぶ鉱山労働者
  • 活火山イジェン山の採取場から硬化した硫黄の入ったかごを運ぶ鉱山労働者
  • 活火山イジェン山で採掘された硬化した硫黄
  • 活火山イジェン山の採取場から硬化した硫黄の入ったかごを運ぶ鉱山労働者
© Sputnik / Bukbisj Candra Ismeth Bey
活火山イジェン山の採取場から硬化した硫黄の入ったかごを運ぶ鉱山労働者

インドネシアのジャワ島には、地球上で最も珍しい鉱山の一つがある。活火山イジェン山の火口には、硫酸の湖がある。標高2386メートルのこの場所から、労働者たちは硬化した鉱物の塊をかごに入れて肩にかけて運ぶ。

硫黄を採掘するプロセスは自動化されていない。溶融した硫黄は赤い液体のかたちで流れ、その後、徐々に冷えて黄色に変わり、硬化する。労働者たちは硫黄を小さな塊に砕き、かごに入れ、山から運ぶ。その重さは45キロから90キロ。労働者たちは1日に2~3回、火山の火口まで登る。

タグ
自然, 写真, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 消防隊員で ヘビ捕獲の名手のピニョ・プクピンヨ氏 バンコクで捕獲したニシキヘビ
    アップデート: 2019年08月24日 19:36
    2019年08月24日 19:36

    毒ヘビの天国 バンコクで捕獲に活躍する消防隊員ら

    タイの首都バンコクでは深夜に大型のヘビが獲物を求めて住居や庭に侵入する騒ぎが絶えない。そうした時に駆除に駆け付けるのは消防隊員。ヘビ駆除の通報は火災通報よりも多い。

    18
  • ロシア国旗の日 行進に参加する人々
    アップデート: 2019年08月23日 20:13
    2019年08月23日 20:13

    今週のベストショット 8月17日-8月23日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • 毎年恒例、富士山麓の総合火力演習
    アップデート: 2019年08月22日 21:24
    2019年08月22日 21:24

    富士山麓:静岡県で毎年恒例の陸上自衛隊実弾演習スタート

    8月22日(木)静岡県御殿場市の陸上自衛隊演習場で、同隊の実弾演習「総合火力演習」が始まった。4日間にわたる演習では、約2千400名の自衛隊員が戦車、ヘリ、装甲車両の操縦スキルを磨く。

    12
  • 「Urban Morphogenesis」のストリートアートフェスティバルのグラフィテー
    アップデート: 2019年08月21日 22:31
    2019年08月21日 22:31

    高層住宅の壁にアート作品 モスクワ郊外で国際芸術フェスティバル

    モスクワ郊外の都市オジンツォボで国際芸術フェスティバル「Urban Morphogenesis」の一環として26カ国のストリートアーティストらがビルの壁にグラフティーを描いている。9月に小地区での作業の終了として野外展示会が開催される。希望者らはそこで30以上の「絵画」を見ることができる。

    8