23:00 2019年10月21日
  • タイミル半島の人々のための古代の儀式、ロシアのドゥディンカ
  • ギアナの先住民の国際デーに旗を振る女性
  • ボリビアの先住民族アイマラの地球の女神を崇拝する儀式
  • 自分の内なる世界を感じ、疲労を取り除き、「山の病気」を予防するためにコカの葉を噛むボリビア先住民族の儀式 
  • 漁を祈るパナマのフン族
  • 頭に陶器の壺をのせて踊る米ニューメキシコ州に住むアメリカンインディアンの一族、ズニ族
  • サーミ族の日にサーミ族の民族衣装を着た子どもたちに囲まれる政治家 エルナ・ソルベルグ氏
  • 儀式舞踊「ハカ」を踊るニュージーランドの人々、オーストラリアのシドニー
  • 木が入ったかごを頭で支えるカーシ族の女性
  • 竹の棒の上で手作りの漁網を使った漁の準備をするインドの農民
  • ロシアのハンティ・マンシ自治管区で食事の支度をするハンティ人の女性
  • ザバイカリエ地方のチタで先住民族のフェスティバルに参加する人々
  • ネネツ人の伝統的なトナカイのそりレース
  • 第12回 International Games of Indigenous Peoplesで綱引きの試合に参加する先住民族の女性たち
  • 世界の先住民族の日を記念したフェスティバルで民族舞踊を踊るヌバ族の人々、スーダンのオムドゥルマン
  • トゥバ族の旧暦の新年を祈りの儀式で迎えるシャーマンたち、トゥバ共和国
  • 先住民族の日のお祝いにハリウッド大通りでプラカードを掲げて歩く少女、米ロサンゼルス
  • ローマ法王フランシスコと国際先住民族協会のメンバーたち、バチカン市国
© Sputnik / Alexandr Kryazhev
タイミル半島の人々のための古代の儀式、ロシアのドゥディンカ

8月9日は、世界の先住民族の国際デー。1994年に国際連合総会で制定された。この日に合わせ、通信社スプートニクは読者の皆様に世界の先住民族たちの伝統をご紹介します。ボリビアの先住民はなぜ何世紀にもわたってコカの葉を噛むのか?また、川で竹の棒の上で作業をする先住民族もいる。

先住民族は、先祖から受け継がれた独特の文化と伝統の保持者だ。彼らは現代世界と共存しながら、自分たちの独自性を維持することができた。

文化の違いにもかかわらず、地球上のすべての先住民は、自分たちのユニークな民族性の保持や、独特な社会としての独自の権利保護に関する共通の問題に直面している。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る