22:27 2019年09月19日
  • 世界でもっとも小さい男性 コロンビア人のエドワルド・ニノ・エルナンデスさん
  • 自分の爪のおかげで記録ブックに掲載された米国人女性リー・レドモンドさん
  • フィリピンの聖トマス大学の学生と教師、従業員によるもっとも大きな人間の十字架
  • 世界でもっとも大きなファラフェルの準備 レバノン ベイルート
  • 重さ170グラムの巨大鶏卵 グルジア
  • 世界でもっとも長いサーフボードに乗る47人のサーファー オーストラリア ゴールドコースト
  • もっともたくさんの数の凧揚げを同時に行い世界記録を打ち立てようとする子どもたち パレスチナ ガザ地区
  • フィリピン工科大学の生徒や教員、卒業生ら3万人超による「人間の虹」 マニラ中央公園
  • 世界でもっともたくさんのピアスをした女性 エレイン・デイビッドソンさん
  • ハイヒールで走るもっとも多くの人数の世界記録を打ち立てようと集まった男性たち
  • ブライアン・バーグさんが自分の創造を壊す 歴史上もっとも大きなカードの家
  • 43分間で649階段を上りギネス記録を打ち立てたサイクリストのザビエル・ザパタさん コロンビア
  • ロンドンの長さ105メートルの構成 もっとも大きなストリート3D画
  • ドイツの体操選手ヨハンナ・クヴァースさん ギネスブックに記録された世界最高齢の演技
  • 2ヶ月間の綱渡りの最終日にロープ上で横になるアディリ・ウクソールさん 北京
  • 世界でもっとも多くのタトゥーをした米国人女性ジュリア・グヌーセさん
© AP Photo / William Fernando Martinez
世界でもっとも小さい男性 コロンビア人のエドワルド・ニノ・エルナンデスさん

1955年8月27日、はじめてギネスブックが発行された。年次書であるギネスブックには人間や動物が達成した記録やユニークな自然現象がまとめられている。この機会にスプートニクはリスナーのみなさんに歴史に足跡を残した特別な人々を紹介する。

ギネスブックは英国のヒュー・ビーヴァー氏が狩猟に出かけた際に欧州でもっとも大きな鳥についての論争を目撃したことから考案した。こうした情報を参考書などから得ることができなかったため、彼の頭に世界中のユニークな出来事や達成された記録が集められた本を製作するというアイデアが浮かんだ。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 86歳で現役ラガーの永山隆一さん 練習風景 東京
    アップデート: 2019年09月18日 08:02
    2019年09月18日 08:02

    これぞ長生きの秘訣 大好きなラグビーを止められない 86歳で現役ラガー

    永山隆一さんは東京にあるラグビー「不惑倶楽部」の最高齢ラガー。ご高齢で幾度もの骨折に悩まされているにもかかわらず、頭の中は大好きなラグビーしかないという。その永山さんの練習風景をスプートニク日本がご紹介します。

    15
  • ミンスク国際犬博の優勝者
    アップデート: 2019年09月14日 18:20
    2019年09月14日 18:20

    最高級の美しさ、モコモコの参加者たち:ベラルーシの国際犬博の様子

    9月7日から8日、ミンスクで国際犬博Winner-2019 & Golden Fair-2019が開かれ、犬愛好家と様々な犬種のペットたちが集まった。四本足の参加者の生き生きとした様子を、スプートニクの写真コーナーでご覧あれ。

    14
  • 平壌の金日成広場でおもちゃの車に乗る少年 北朝鮮
    アップデート: 2019年09月13日 20:47
    2019年09月13日 20:47

    今週のベストショット 9月7日-9月13日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • 石炭採掘時、河川の水質変化
    アップデート: 2019年09月11日 10:22
    2019年09月11日 10:22

    溶けつつある氷河、川の汚染、養魚場:地球の鳥瞰図

    ドイツの写真家、トム・ハーゲン氏は世界中を旅し、ドローンを使って地球が人間の活動によってどう変化していくのかを見せてくれる。ハーゲン氏の写真はコンピューターグラフィックに似ており、地球がいかに不可逆的に自然の姿を失っていくかの証明でもある。

    15