23:52 2020年02月20日
  • 子連れのムカデ。もう気持ち悪いでしょ?
  •  鹿の脱毛。というよりは狩りに成功、といった趣も
  • 鋸のような鼻をもつ、ノコギリエイ
  • カンボジア、タ・プローム遺跡群にある、木の窪みから神秘的に覗く像
  • コウモリに寄生するクモバエ
  • 洪水時のアリ橋。土の塊と間違えて踏まないように!
  • 下から見たセミ
  • 南極の海に生息する20センチ大の黄金の海虫
  • 昆虫の身体から生える冬虫夏草は
  • これはヘビ?それとも芋虫?いや、これはヘビの頭をもった芋虫!
  • 目のついた美しい枝・・・と思ったら、木にDolophones conifera蜘蛛が隠れていただけ
子連れのムカデ。もう気持ち悪いでしょ?

自然は驚きであり美しい。しかし時としてそれはホラー映画より怖い存在や現象を生みだすことがある。脱毛した鹿を見れば十分だろう!

これらの写真を見て、神経をくすぐってはいかがか。「不快な」写真の後でリラックスしたいのであれば、ベラルーシのコンクールに参加したフワモコのワンちゃんたちを見るのをお勧めする。

タグ
びっくり, 自然, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ジェンツーペンギンのコロニー 南極・スノー島にて
    アップデート: 2020年02月20日 09:50
    2020年02月20日 09:50

    南極のペンギン、気候変動により70年代から77%減

    南極西部に生息するヒゲペンギンの数が、1970年代の調査以来77%も減少していると、遠隔地での気候変動の影響を研究している科学者たちが明かした。

    17
  • 西シベリア原産のライカ犬種、ウエスト・シベリアン・ライカ 森で狩猟中
    アップデート: 2020年02月19日 18:50
    2020年02月19日 18:50

    こんなロシアはご存知? カレリア共和国の冬

    首都モスクワは、人口1200万人を超えるヨーロッパ最大の都市。モスクワだけでなく、古都サンクトペテルブルグや極東の港町ウラジオストクなど、各都市は日々発展を続けている。しかし、そんな都会から少し離れれば、手付かずの大自然が残っているのもロシアの魅力。今回は、北西部に位置するカレリア共和国についてご紹介。

    14
  • マレフィセントに身を扮した参加者
    アップデート: 2020年02月17日 22:43
    2020年02月17日 22:43

    仮面舞踏会の本場:ベネチア・カーニバル開催

    イタリア・ベネチアでは今月8日から25日までの2週間、「世界三大カーニバル」にも数えられるベネチア・カーニバルが開催されている。ベネチアといえば仮面舞踏会発祥の地。参加者たちは中世ヨーロッパを彷彿とさせる格好でベネチアの街を闊歩する。

    15
  • アップデート: 2020年02月14日 19:33
    2020年02月14日 19:33

    今週のベストショット 2月8日-2月14日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    17