21:40 2019年12月06日
  • 分析調査のため病気のサンゴを採取する生物学者ら
  • サンゴ「コルポフィッリア・ナタンス」
  • 米領セント・トーマス島の感染したサンゴを診察するために潜水する米バージン諸島大学の科学者とボランティアのダイバーたち
  • 米領セント・トーマス島の感染したサンゴを診察するために潜水する米バージン諸島大学の科学者とボランティアのダイバーたち
  • サンゴ「モンタストレア・カヴェルノサ」
  • 治療用のクリームを感染したサンゴに注入
  • 英領ヴァージン諸島サンゴ礁保護活動に参加する博士課程の大学院生
  • フロリダ州サラソータ市の海洋研究所のアクアリウムにあるサンゴ「モンタストレア・カヴェルノサ」
  • サンゴ「ジプロリア・ラビチフォルミス」
  • 米領セント・トーマス島で科学者が死んだサンゴを取り除く
  • サンゴ「コルポフィッリア・ナタンス」
  • サンゴ「オルビセッラ・ナタンス」
  • 米領セント・トーマス島の感染したサンゴを診察するために潜水する科学者
  • 米領セント・トーマス島のサンゴの中を進むメバチ
  • 米領セント・トーマス島近くに生息するサンゴ「デンドロギア・キリンドリクス」のそばを通るダイバー
  • サンゴ「ミケトフィッリア・アリキア」のポリプ
  • サンゴ「エウスミリア・ファステギアタ」のポリプ
© REUTERS / Lucas Jackson
分析調査のため病気のサンゴを採取する生物学者ら

2014年、米南東部フロリダ近海のサンゴは、急速に拡大した未知の病気に見舞われた。サンゴはポリプという小さなイソギンチャクのようなものがたくさん集まって全体を作っている。そのポリプに白い斑点が現れサンゴは次々と死滅した。フロリダ州にある細長い列島のフロリダキーズのうち40島で科学者らが調査したところ、そのうちの38島でサンゴの感染が確認された。ポリプを病から救い、病気の原因を明らかにするため、カリブ海底に科学者らが潜水している。

生物学者らはこの病気を細菌感染症と考えているが、病原菌が何であるかまだ特定できていない。この病気は急速に進行し、感染したサンゴは数週間で死滅する。ポリプの寿命を延ばすために科学者らは死んだサンゴを取り除き、抗生物質入りのクリームを生きているサンゴに注入する。

サンゴは温度変化にとても敏感だ。地球温暖化によってサンゴの生存能力は弱まっている。世界中の科学者たちは、2050年までにサンゴ礁が完全に消滅し、それによって何千種もの海洋動植物が消滅する可能性があるとの意見で一致している。

タグ
写真, 自然
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る