07:40 2020年01月22日
  • リチャード・マンさんが抱える自作のカボチャ。重量310.7㎏。2017年英国ハロゲイト秋の花き展の野菜部門で優勝
  • 2018年ハロゲイトの秋の花き展。野菜部門で巨大な玉ねぎの計量中
  • 6.6㎏の玉ねぎを抱えるピーター・グレイズブルックさん。2017年ハロゲイト秋の花き展、野菜部門で優勝
  • 2016年ハロゲイト秋の花き展。野菜部門で巨大な西洋ネギを計測
  • 27.4㎏のキャベツを抱えるクレイグ・ピアソンさん。2019年ハロゲイト秋の花き展、野菜部門の「最重量キャベツ」で優勝
  • 65.3㎏のウリとピーター・グレイズブルックさん。2019年ハロゲイト秋の花き展、野菜部門で1位
  • 巨大カボチャを積んだピックアップトラック。2007年、毎年開催されるカリフォルニア州ハーフムーンベイのカボチャ計量世界選手権Safewayで
  • 2019年英国ハロゲイトの巨大野菜コンクールで、キュウリを見る入場者たち
  • レバノンの農家カリル・セムハットさん、自作の巨大ジャガイモと。2008年
  • 2018年ハロゲイト巨大野菜展での豆の計測
  • 2016年英国ハロゲイト秋の花きショー。巨大野菜コンクール
  • 71歳のオスカー・ウィットマーさん、50㎏の白株を披露。1994年フランス
  • 2015年ドイツの巨大野菜コンクールでの巨大ニンジン
  • 園芸家グラハム・バラットさんが抱える92㎝のキュウリ。2019年英国ハロゲイトの巨大野菜コンクール、最長キュウリ部門で優勝
© AFP 2019 / Oli Scarff
リチャード・マンさんが抱える自作のカボチャ。重量310.7㎏。2017年英国ハロゲイト秋の花き展の野菜部門で優勝

毎年、世界中の野菜栽培者が、自身の労働の最大で最も華々しい成果を自慢する。スプートニク通信が世界中の展示会から集めた、鮮やかで驚くばかりの、巨大野菜の写真をご覧あれ。

巨大野菜の栽培の伝統が生まれたのは17世から18世紀、農業見本市や品評会が行われるようになってからだ。現代の園芸愛好家もその伝統に従い、大きな野菜を育てることを目指している。時に、そのためには品種改良や過剰栄養に頼ることもある。英国ハロゲイトで行われる秋の野菜・花き展や、その他同種のイベントで、農家はびっくりするようなサイズの野菜を堂々と披露している。

タグ
写真, 自然
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 温泉につかる市民
    アップデート: 2020年01月21日 21:05
    2020年01月21日 21:05

    憩いのひと時を:北朝鮮にリゾート施設がオープン

    1月14日、北朝鮮中部に位置する平安南道に「陽徳(ヤンドク)温泉文化休養地」がオープンした。訪問者第一号となったのは建設作業員とその家族たち。一足先に楽しんだようだ。

    7
  • ペットボトルから直接水を飲むコアラ 
    アップデート: 2020年01月20日 20:20
    2020年01月20日 20:20

    コアラを救って:豪森林火災から動物たちをどう守る

    数ヶ月にわたって猛威を振るうオーストラリアの森林火災は、生態系に壊滅的な被害をもたらした。この火災で多くの動物の命が奪われ、救出された動物たちもひどい火傷を負った。仮設された動物病院では、獣医たちが傷ついた動物たちを救うため、連日治療にあたっている。

    17
  • 半分ゴーストタウンとなったムルマンスク州の村 ロシア
    アップデート: 2020年01月18日 22:14
    2020年01月18日 22:14

    ロシア人カメラマンが捉えた廃墟に佇む「美」

    音楽学校、城、さらに村ひとつさえが「廃墟」と化し、その光景を世界中のカメラマンたちを魅了させる。ロシア人カメラマンのアレクサンドラ・スハレヴァさんによる、世界中の人々に捨てられた空間の厳選集をどうぞご覧ください。

    12
  • タール火山の噴火 フィリピンにて
    アップデート: 2020年01月17日 17:32
    2020年01月17日 17:32

    今週のベストショット 1月11日-1月17日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15