04:48 2020年10月27日
  • グレッグ・ルクール氏の作品 『カニクイアザラシ』最優秀作品に選ばれた
  • ヴァージニア・サルセード氏の作品 『タツノオトシゴ』 ポートレート部門1位
  • ポーラ・ヴィアンナ氏の作品 『友好の旅』 「海洋生物の行動」部門1位
  • フェレンツ・ロリンツ氏の作品『口を開けたハタ』 「ちいさな行動」部門1位
  • ニコラス・モア氏の作品 『コショウダイの群れ』 「広角カテゴリー」部門1位
  • ペテル・ポラーチ氏の作品 『Lucernaria quadricornis(十文字クラゲの仲間)』 「マクロ」部門4位
  • パオロ・イスグロ氏の作品 『カクレクマノミの卵』 「スーパーマクロ」部門優勝
  • シェーン・グロス氏の作品 『犠牲』 「保全」部門優勝
  • タリア・グレイス氏の作品 『擬態』 「小さな広角」部門優勝
  • ファビアン・ミシュネ氏の作品 『クロボウズギス』 「黒い水」部門優勝
  • ステファノ・セルバイ氏の作品 『ラジオグラフィー』 「マクロ」部門優勝
  • スタン・チェン氏の作品 『レモンハゼ』 「コンパクトマクロ」部門優勝
  • ティアンホン・ワン氏の作品 『花嫁』 「コンパクトマクロ」部門5位
  • ジェニー・ストック氏の作品 『ムールーラ川からの恵み』 「コンパクトマクロ」部門1位
  • ジュール・ケーシー氏の作品 『タツノオトシゴのバス』 「注目のカメラマン」部門優勝 
  • デーヴ・ジョンソン氏の作品 『催眠術師』 「マクロ」部門3位
  • ハンネス・クロスターマン氏の作品 『催奇妙な出会い』 「海洋生物の行動」部門4位
  • ジョージ・クオウェイ・カオ氏の作品 『これは誰?』 「初心者のマクロ」部門3位
グレッグ・ルクール氏の作品 『カニクイアザラシ』最優秀作品に選ばれた

Ocean Artは、水中カメラマンたちにとって最も権威あるフォトコンテストのひとつ。昨年11月に作品募集を開始したところ、78カ国のカメラマンからの応募があった。そして今月13日、審査員たちが選んだ入賞作品が発表された。

コンテストは計16の部門に分かれており、賞金8万5千ドル(約935万円)が掛けられた。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 「アマチュア―自然・風景」部門1位入賞作品『Janela』 Carlos F. Turienzo氏(スペイン)
    アップデート: 2020年10月26日 22:32
    2020年10月26日 22:32

    息をのむ景色:EPSON国際パノラマ写真コンテスト2020入賞作品

    EPSONが主催する国際パノラマ写真コンテスト「The 11th EPSON International Pano Awards」が今年も開催された。今回は96か国のプロ・アマカメラマン1400人以上が応募し、6000点近くのパノラマ写真が集まった。その中から選ばれた入賞作品の一部をご紹介。

    21
  • ロシアで開催されたメルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク
    アップデート: 2020年10月23日 21:56
    2020年10月23日 21:56

    今週のベストショット 10月17日―10月23日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ロシア人画家、アンドレイ・タルソフ氏による「COVID-19 サバイバルガイドライン」
    アップデート: 2020年10月22日 18:44
    2020年10月22日 18:44

    ピンナップで「ステイホーム」 ロシア人画家によるコロナ指南書

    米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するロシア人アーティストのアンドレイ・タルソフさんは、新型コロナウイルスから身を守るための「COVID-19サバイバルガイドライン」をピンナップ風に描いている。

    9
  • エチオピアのアムハラ地方の農園で、バッタの死骸を手に取る女性(10月15日)
    アップデート: 2020年10月21日 22:24
    2020年10月21日 22:24

    エチオピアで四半世紀ぶりの蝗害 深刻な食糧危機に

    アフリカ東部のエチオピアでは、過去25年間で最悪といわれている蝗害が現在も続いており、バッタの大群に農作物を食い荒らされた農家たちが悲鳴を上げている。

    12