22:02 2020年04月04日
  • グレッグ・ルクール氏の作品 『カニクイアザラシ』最優秀作品に選ばれた
  • ヴァージニア・サルセード氏の作品 『タツノオトシゴ』 ポートレート部門1位
  • ポーラ・ヴィアンナ氏の作品 『友好の旅』 「海洋生物の行動」部門1位
  • フェレンツ・ロリンツ氏の作品『口を開けたハタ』 「ちいさな行動」部門1位
  • ニコラス・モア氏の作品 『コショウダイの群れ』 「広角カテゴリー」部門1位
  • ペテル・ポラーチ氏の作品 『Lucernaria quadricornis(十文字クラゲの仲間)』 「マクロ」部門4位
  • パオロ・イスグロ氏の作品 『カクレクマノミの卵』 「スーパーマクロ」部門優勝
  • シェーン・グロス氏の作品 『犠牲』 「保全」部門優勝
  • タリア・グレイス氏の作品 『擬態』 「小さな広角」部門優勝
  • ファビアン・ミシュネ氏の作品 『クロボウズギス』 「黒い水」部門優勝
  • ステファノ・セルバイ氏の作品 『ラジオグラフィー』 「マクロ」部門優勝
  • スタン・チェン氏の作品 『レモンハゼ』 「コンパクトマクロ」部門優勝
  • ティアンホン・ワン氏の作品 『花嫁』 「コンパクトマクロ」部門5位
  • ジェニー・ストック氏の作品 『ムールーラ川からの恵み』 「コンパクトマクロ」部門1位
  • ジュール・ケーシー氏の作品 『タツノオトシゴのバス』 「注目のカメラマン」部門優勝 
  • デーヴ・ジョンソン氏の作品 『催眠術師』 「マクロ」部門3位
  • ハンネス・クロスターマン氏の作品 『催奇妙な出会い』 「海洋生物の行動」部門4位
  • ジョージ・クオウェイ・カオ氏の作品 『これは誰?』 「初心者のマクロ」部門3位
グレッグ・ルクール氏の作品 『カニクイアザラシ』最優秀作品に選ばれた

Ocean Artは、水中カメラマンたちにとって最も権威あるフォトコンテストのひとつ。昨年11月に作品募集を開始したところ、78カ国のカメラマンからの応募があった。そして今月13日、審査員たちが選んだ入賞作品が発表された。

コンテストは計16の部門に分かれており、賞金8万5千ドル(約935万円)が掛けられた。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • スカイツリー周辺の桜と子ども(東京・浅草)
    アップデート: 2020年04月04日 15:15
    2020年04月04日 15:15

    目黒川にスカイツリー:満開の東京の桜たち

    東京都ではすでに桜は満開。気温も上がり、絶好のお花見日和だが、今年はコロナウイルスの影響もあり、例年よりも人は少ない。

    9
  • 静かな街に猫が一匹(アゼルバイジャン・バクー)
    アップデート: 2020年04月03日 18:15
    2020年04月03日 18:15

    今週のベストショット 3月28日―4月3日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • 植え込みで寝る野生のヤギ
    アップデート: 2020年04月02日 14:30
    2020年04月02日 14:30

    丘に住むヤギたち ロックダウン中の町に降臨

    現在ロックダウン(都市封鎖)真っ最中の英国・北ウェールズの都市スランディデュノに、普段は丘に生息しているヤギたちが下りてきた。

    14
  • オンライン会議に参加した「ネコ共和国」の猫
    アップデート: 2020年04月01日 19:00
    2020年04月01日 19:00

    猫とコロナにまつわるQ&A ロシアでオンライン会議開催

    「猫もコロナウイルスに感染する?」「猫から人に感染する?」「室内で安全に飼う方法は?」こうした疑問を解消すべく、3月27日、ロシアの週刊誌「論拠と事実」がオンライン会議を開催した。この会議には人間だけでなく、サンクトペテルブルクにある猫カフェ「ネコ共和国」に所属する猫たちも参加した。

    8