21:41 2020年01月21日
  • グレッグ・ルクール氏の作品 『カニクイアザラシ』最優秀作品に選ばれた
  • ヴァージニア・サルセード氏の作品 『タツノオトシゴ』 ポートレート部門1位
  • ポーラ・ヴィアンナ氏の作品 『友好の旅』 「海洋生物の行動」部門1位
  • フェレンツ・ロリンツ氏の作品『口を開けたハタ』 「ちいさな行動」部門1位
  • ニコラス・モア氏の作品 『コショウダイの群れ』 「広角カテゴリー」部門1位
  • ペテル・ポラーチ氏の作品 『Lucernaria quadricornis(十文字クラゲの仲間)』 「マクロ」部門4位
  • パオロ・イスグロ氏の作品 『カクレクマノミの卵』 「スーパーマクロ」部門優勝
  • シェーン・グロス氏の作品 『犠牲』 「保全」部門優勝
  • タリア・グレイス氏の作品 『擬態』 「小さな広角」部門優勝
  • ファビアン・ミシュネ氏の作品 『クロボウズギス』 「黒い水」部門優勝
  • ステファノ・セルバイ氏の作品 『ラジオグラフィー』 「マクロ」部門優勝
  • スタン・チェン氏の作品 『レモンハゼ』 「コンパクトマクロ」部門優勝
  • ティアンホン・ワン氏の作品 『花嫁』 「コンパクトマクロ」部門5位
  • ジェニー・ストック氏の作品 『ムールーラ川からの恵み』 「コンパクトマクロ」部門1位
  • ジュール・ケーシー氏の作品 『タツノオトシゴのバス』 「注目のカメラマン」部門優勝 
  • デーヴ・ジョンソン氏の作品 『催眠術師』 「マクロ」部門3位
  • ハンネス・クロスターマン氏の作品 『催奇妙な出会い』 「海洋生物の行動」部門4位
  • ジョージ・クオウェイ・カオ氏の作品 『これは誰?』 「初心者のマクロ」部門3位
グレッグ・ルクール氏の作品 『カニクイアザラシ』最優秀作品に選ばれた

Ocean Artは、水中カメラマンたちにとって最も権威あるフォトコンテストのひとつ。昨年11月に作品募集を開始したところ、78カ国のカメラマンからの応募があった。そして今月13日、審査員たちが選んだ入賞作品が発表された。

コンテストは計16の部門に分かれており、賞金8万5千ドル(約935万円)が掛けられた。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 温泉につかる市民
    アップデート: 2020年01月21日 21:05
    2020年01月21日 21:05

    憩いのひと時を:北朝鮮にリゾート施設がオープン

    1月14日、北朝鮮中部に位置する平安南道に「陽徳(ヤンドク)温泉文化休養地」がオープンした。訪問者第一号となったのは建設作業員とその家族たち。一足先に楽しんだようだ。

    7
  • ペットボトルから直接水を飲むコアラ 
    アップデート: 2020年01月20日 20:20
    2020年01月20日 20:20

    コアラを救って:豪森林火災から動物たちをどう守る

    数ヶ月にわたって猛威を振るうオーストラリアの森林火災は、生態系に壊滅的な被害をもたらした。この火災で多くの動物の命が奪われ、救出された動物たちもひどい火傷を負った。仮設された動物病院では、獣医たちが傷ついた動物たちを救うため、連日治療にあたっている。

    17
  • 半分ゴーストタウンとなったムルマンスク州の村 ロシア
    アップデート: 2020年01月18日 22:14
    2020年01月18日 22:14

    ロシア人カメラマンが捉えた廃墟に佇む「美」

    音楽学校、城、さらに村ひとつさえが「廃墟」と化し、その光景を世界中のカメラマンたちを魅了させる。ロシア人カメラマンのアレクサンドラ・スハレヴァさんによる、世界中の人々に捨てられた空間の厳選集をどうぞご覧ください。

    12
  • タール火山の噴火 フィリピンにて
    アップデート: 2020年01月17日 17:32
    2020年01月17日 17:32

    今週のベストショット 1月11日-1月17日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15