12:08 2020年04月01日
  • ペドロ・ルイス・アジュリアグエラ・サイス氏(スペイン)の作品『魚』 The Art of Building 2019最優秀作品
  • アレクサンドル・ボルモチン氏(ロシア)の作品『地下鉄駅』 一般投票で優勝
  • デビダッタ・チャクラボルティ氏(チェコ)の作品『空に向かって』 最終選考進出作品
  • ホセ・ペソア・ネット氏(ポルトガル)の作品『エッフェル橋』最終選考進出作品
  • デービッド・マーチン・フアマニ・ベドヤ氏(ペルー)『海と人間』 最終選考進出作品
  • フォルカー・サンダー氏(ドイツ)の作品『色の混合』 最終選考進出作品
  • フォルカー・サンダー氏(ドイツ)の作品『職場にて』 最終選考進出作品
  • アダム・リーガン氏(英国)の作品『ベクスヒルの雨宿り』 最終選考進出作品
  • ジョナサン・ウォランド氏(英国)の作品『川岸』 最終選考進出作品
  • グジェゴルツ・タタール氏(ポーランド)の作品『軸測投影法』 最終選考進出作品
  • ペゴヴァ・オーリャ氏(ロシア)の作品『功績』 最終選考進出作品
  • アグネーゼ・サンヴィート氏(スペイン)の作品『ムララ・ロハ』 最終選考進出作品
ペドロ・ルイス・アジュリアグエラ・サイス氏(スペイン)の作品『魚』 The Art of Building 2019最優秀作品

英国の公認建築研究所が運営する国際フォトコンテスト「The Art of Building 2019」の受賞者が発表された。アマチュア・プロを問わず、今回も世界中から何千点もの作品が集まった。

公認建築研究所(CIOB)が運営するこのフォトコンテストは、建設業界の創造性を称えるべく開催されている。

最優秀作品に選ばれたのはスペイン出身のペドロ・ルイス・アジュリアグエラ・サイス氏の作品『魚』。また、ロシア出身カメラマンのアレクサンドル・ボルモティン氏が撮影したモスクワのメトロの写真は、一般投票で優勝に輝いた。

レンズの写った素敵な建造物の世界をお楽しみください!

 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9
  • スクーターで街を走る武漢市民
    アップデート: 2020年03月28日 10:45
    2020年03月28日 10:45

    来月8日、封鎖解除 日常が戻りつつある中国・武漢

    今や世界的大流行(パンデミック)となった新型コロナウイルスの震源地、中国湖北省武漢市。今年1月下旬、市当局は感染拡大を防ぐため交通機関を停止し、市民に自宅待機を呼びかけた。しかし、最近は新たな感染者が減少したことから、湖北省当局は来月8日に封鎖の措置を解除することを発表した。

    14