19:17 2020年04月10日
  • カーニバルに参加する女性 
  • カーニバルに参加する女性 
  • カーニバル参加者
  • カーニバルに参加する女性たち
  • お揃いの衣装で参加した2人組
  • 衣装を着てゴンドラで観光する参加者
  • カーニバルに参加する男女2人組
  • パレード参加者
  • カーニバル参加者 派手な仮面が印象的
  • カーニバル参加者 豪華な衣装を披露
  • カーニバルに参加する男女2人組
  • カーニバル参加者
  • カーニバル参加者 思い思いの衣装で登場
  • カーニバルに参加する男性 一輪の花を持って
  • マレフィセントに身を扮した参加者
© Sputnik / Alessandro Rota
カーニバルに参加する女性 

イタリア・ベネチアでは今月8日から25日までの2週間、「世界三大カーニバル」にも数えられるベネチア・カーニバルが開催されている。ベネチアといえば仮面舞踏会発祥の地。参加者たちは中世ヨーロッパを彷彿とさせる格好でベネチアの街を闊歩する。

このカーニバルは1162年、アクイレイア総主教との抗争に勝利したことを称えるため、サンマルコ広場で踊り始めたのが発祥といわれている。ルネッサンス期には公式のものとなり、17世紀には全盛期を迎えた。

しかし18世紀、ナポレオンの支配によってベネチア共和国が崩壊すると共にカーニバルは衰退。それから長い空白期間を経た1979年、ベネチアの歴史と文化を復活させ、またそれを広める手段としてイタリア政府はカーニバルの再開を発表。今では、ベネチアの最も重要な年間行事のひとつだ。カーニバル期間中の2週間で延べ300万人以上が訪れるという。

タグ
イタリア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 銅像とスーパームーン(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年04月09日 19:40
    2020年04月09日 19:40

    2020年最大の満月「スーパームーン」 世界の夜空を照らす

    4月7日から8日にかけて、通常より大きく見える満月「スーパームーン」が世界各地で観測された。新型コロナウイルスの影響で人気が少なく静かになった夜の街を明るく照らし出した。

    18
  • バサルギン半島の岬にあるバサルギン灯台(ロシア・ウラジオストク)
    アップデート: 2020年04月09日 16:00
    2020年04月09日 16:00

    道は険しい! けど一度は行ってみたい世界の灯台

    断崖絶壁の岬や孤島にそびえ立つ灯台は、道は険しいけれど、絶景が拝めるスポットとして近年人気を集めている。そんな世界各地の灯台をスプートニクでご紹介する。

    17
  • 新型コロナウイルスSARS-CoV-2(青)
    アップデート: 2020年04月08日 12:30
    2020年04月08日 12:30

    新型コロナウイルスの姿 電子顕微鏡写真が公開

    米国メリーランド州にあるアメリカ国立アレルギー・感染症研究所が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を引き起こす新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の電子顕微鏡写真を公開した。

    9
  • マスク越しにキスをする新郎新婦(リトアニア・ビリニュス)
    アップデート: 2020年04月07日 13:30
    2020年04月07日 13:30

    純白の「マスク」に「手袋」:パンデミック中の結婚式

    新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、挙げる予定だった結婚式の中止や延期を余儀なくされるケースが多い中、それでも世界各国では式を挙行した夫婦の姿がある。もちろん、ウイルス対策はかかさない。ウエディング衣装に身を包んでもマスクは着用のままだ。

    13