16:16 2020年10月26日
  • ヒゲペンギンの群れ、ルメール海峡近くに浮かぶ氷山の上を歩く
  • ジェンツーペンギンのコロニー 南極・スノー島にて
  • エスペランサ号とその乗組員 ルメール海峡近くにて
  • 保存生物学者のスティーブ・フォレスト氏 ヒゲペンギンの数を数える  アンヴァース島にて 
  • 小さな流氷  フルニエ湾にて
  • ジェンツーペンギンの群れ アンヴァース島にて
  • スノー島に生息するアザラシ
  • ヒゲペンギンのコロニー トゥー・ハンモック島にある山を歩く
  • 水に飛び込むヒゲペンギン スノー島にて
  • ごみを回収する学者マイケル・ウェシントン氏 スノー島にて
  • 泳ぐヒゲペンギン トゥー・ハンモック島にて 
  • 流氷の間を泳ぐアザラシ アンヴァース島にて
  • ペンギンの数を数える保存生物学者スティーブ・フォレスト氏 アンヴァース島にて
  • ごみを回収する学者マイケル・ウェシントン氏 スノー島にて
  • あくびをするアザラシ スノー島にて
  • 山沿いを行進するヒゲペンギンのコロニー トゥー・ハンモック島にて 
  • ヒゲペンギンのコロニー スノー島にて
© REUTERS / Ueslei Marcelino
ヒゲペンギンの群れ、ルメール海峡近くに浮かぶ氷山の上を歩く

南極西部に生息するヒゲペンギンの数が、1970年代の調査以来77%も減少していると、遠隔地での気候変動の影響を研究している科学者たちが明かした。

今年1月5日から2月8日まで探査の旅に出た調査団によると、今回、ヒゲペンギンの主な生息地エレファント島で約5万3千組のヒゲペンギンのつがいが観察された。これは、1970年代に行なった調査に比べて約60%も少ない数だ。地球温暖化によって南極周辺の氷床の融解が進み、ヒゲペンギンの主食であるオキアミが減ったためだという。気候変動は食物連鎖の基本的な構成要素に大きな影響をおよぼしている。

世界気象機関は先週、南極の研究基地周辺で最高気温-18.3度を記録したと発表した。

自然保護団体のグリーンピースは国連に対し、2030年までに世界の海洋の約30%を保護区とすることを約束するよう呼びかけている。

タグ
動物, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ロシアで開催されたメルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク
    アップデート: 2020年10月23日 21:56
    2020年10月23日 21:56

    今週のベストショット 10月17日―10月23日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ロシア人画家、アンドレイ・タルソフ氏による「COVID-19 サバイバルガイドライン」
    アップデート: 2020年10月22日 18:44
    2020年10月22日 18:44

    ピンナップで「ステイホーム」 ロシア人画家によるコロナ指南書

    米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するロシア人アーティストのアンドレイ・タルソフさんは、新型コロナウイルスから身を守るための「COVID-19サバイバルガイドライン」をピンナップ風に描いている。

    9
  • エチオピアのアムハラ地方の農園で、バッタの死骸を手に取る女性(10月15日)
    アップデート: 2020年10月21日 22:24
    2020年10月21日 22:24

    エチオピアで四半世紀ぶりの蝗害 深刻な食糧危機に

    アフリカ東部のエチオピアでは、過去25年間で最悪といわれている蝗害が現在も続いており、バッタの大群に農作物を食い荒らされた農家たちが悲鳴を上げている。

    12
  • 神楽殿で、マウスシールドを着用してお囃子を演奏する神楽師(10月18日)
    アップデート: 2020年10月19日 21:49
    2020年10月19日 21:49

    コロナで延期の浅草・三社祭 規模縮小で開催

    新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていた東京・浅草の「三社祭」が18日、感染対策を行ったうえ、規模を縮小して開催された。

    10