08:36 2020年04月06日
  • ヒゲペンギンの群れ、ルメール海峡近くに浮かぶ氷山の上を歩く
  • ジェンツーペンギンのコロニー 南極・スノー島にて
  • エスペランサ号とその乗組員 ルメール海峡近くにて
  • 保存生物学者のスティーブ・フォレスト氏 ヒゲペンギンの数を数える  アンヴァース島にて 
  • 小さな流氷  フルニエ湾にて
  • ジェンツーペンギンの群れ アンヴァース島にて
  • スノー島に生息するアザラシ
  • ヒゲペンギンのコロニー トゥー・ハンモック島にある山を歩く
  • 水に飛び込むヒゲペンギン スノー島にて
  • ごみを回収する学者マイケル・ウェシントン氏 スノー島にて
  • 泳ぐヒゲペンギン トゥー・ハンモック島にて 
  • 流氷の間を泳ぐアザラシ アンヴァース島にて
  • ペンギンの数を数える保存生物学者スティーブ・フォレスト氏 アンヴァース島にて
  • ごみを回収する学者マイケル・ウェシントン氏 スノー島にて
  • あくびをするアザラシ スノー島にて
  • 山沿いを行進するヒゲペンギンのコロニー トゥー・ハンモック島にて 
  • ヒゲペンギンのコロニー スノー島にて
© REUTERS / Ueslei Marcelino
ヒゲペンギンの群れ、ルメール海峡近くに浮かぶ氷山の上を歩く

南極西部に生息するヒゲペンギンの数が、1970年代の調査以来77%も減少していると、遠隔地での気候変動の影響を研究している科学者たちが明かした。

今年1月5日から2月8日まで探査の旅に出た調査団によると、今回、ヒゲペンギンの主な生息地エレファント島で約5万3千組のヒゲペンギンのつがいが観察された。これは、1970年代に行なった調査に比べて約60%も少ない数だ。地球温暖化によって南極周辺の氷床の融解が進み、ヒゲペンギンの主食であるオキアミが減ったためだという。気候変動は食物連鎖の基本的な構成要素に大きな影響をおよぼしている。

世界気象機関は先週、南極の研究基地周辺で最高気温-18.3度を記録したと発表した。

自然保護団体のグリーンピースは国連に対し、2030年までに世界の海洋の約30%を保護区とすることを約束するよう呼びかけている。

タグ
動物, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • スカイツリー周辺の桜と子ども(東京・浅草)
    アップデート: 2020年04月04日 15:15
    2020年04月04日 15:15

    目黒川にスカイツリー:満開の東京の桜たち

    東京都ではすでに桜は満開。気温も上がり、絶好のお花見日和だが、今年はコロナウイルスの影響もあり、例年よりも人は少ない。

    9
  • 静かな街に猫が一匹(アゼルバイジャン・バクー)
    アップデート: 2020年04月03日 18:15
    2020年04月03日 18:15

    今週のベストショット 3月28日―4月3日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • 植え込みで寝る野生のヤギ
    アップデート: 2020年04月02日 14:30
    2020年04月02日 14:30

    丘に住むヤギたち ロックダウン中の町に降臨

    現在ロックダウン(都市封鎖)真っ最中の英国・北ウェールズの都市スランディデュノに、普段は丘に生息しているヤギたちが下りてきた。

    14
  • オンライン会議に参加した「ネコ共和国」の猫
    アップデート: 2020年04月01日 19:00
    2020年04月01日 19:00

    猫とコロナにまつわるQ&A ロシアでオンライン会議開催

    「猫もコロナウイルスに感染する?」「猫から人に感染する?」「室内で安全に飼う方法は?」こうした疑問を解消すべく、3月27日、ロシアの週刊誌「論拠と事実」がオンライン会議を開催した。この会議には人間だけでなく、サンクトペテルブルクにある猫カフェ「ネコ共和国」に所属する猫たちも参加した。

    8