03:31 2020年07月04日
  • 同コンテスト最優秀作品『凍る移動住宅(Frozen Mobile Home)』グレッグ・ルクール氏(フランス)
  • 「広角」部門2位入賞作品『フォッテヨの洞窟(Fotteyo overhangs)』オレグ・ガポニュク氏(ロシア)
  • 「 Up & Coming 」部門2位入賞作品『海の動乱(Commotion in the Ocean)』ヌール・タッカー氏(英国)
  • 「難破船」部門1位入賞作品「エンジン(THE ENGINE)」 トビアス・フリードリヒ氏(ドイツ)
  • 「モノクロ」部門1位入賞作品『層状の思考(Layered Thoughts)』 モク・ワイ・ホエ氏(シンガポール)
  • British Underwater Photographer of the Year受賞作品『アイゴのズームブラー(Rabbit Fish Zoom Blur)』 ニコラス・モア氏(英国)
  • 「マクロ」部門1位入賞作品『Goby Goodness』 ハンネス・クロスターマン氏(ドイツ)
  • 「行動」部門1位入賞作品『タコのトレーニング(Octopus Training)』 パスクアーレ・ヴァッサーロ氏(イタリア)
  • 「Up & Coming」部門1位入賞作品『ニシレモンザメの託児所(Lemon shark nursery )』 アニータ・カインラス氏(バハマ)
  • 「ポートレート」部門1位入賞作品『バタフライ効果(Butterfly Effect)』 リリアン・コー氏(シンガポール)
  • 「コンパクト」部門1位入賞作品『Uluna Lily』 Manbd氏(マレーシア)
  • 「海洋保護」部門1位入賞作品『最後の夜明け、最後のあえぎ(Last Dawn, Last Gasp)』 パスクアーレ・ヴァッサーロ氏(イタリア)
同コンテスト最優秀作品『凍る移動住宅(Frozen Mobile Home)』グレッグ・ルクール氏(フランス)

英国主催の水中写真コンテスト「Underwater Photographer of the year」が今年も開催され、入賞作品が選ばれた。一輪の百合からタコのヘディング、そして難破船まで、普段地上では見かけない水中の美しい1コマの数々をスプートニクの写真でご紹介する。

今年は例年を上回る約500人のカメラマンの5500もの作品がエントリーされた。そんな今回最優秀賞に輝いたのは、フランス出身のグレッグ・ルクール氏の作品『凍る移動住宅(Frozen Mobile Home)』。南極遠征中に遭遇した氷山の回りを泳ぐカニクイアザラシを捉えた一枚がルクール氏を優勝へ導いた。

それでは、コンテスト入賞者たちによる、美しい水中の世界をお楽しみ下さい。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 海沿いの遊歩道に佇む猫(アルジェリア、アルジェ)
    アップデート: 2020年07月03日 21:40
    2020年07月03日 21:40

    今週のベストショット 6月27日―7月3日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 3Dプリンターで製造された植物性由来の代替肉
    アップデート: 2020年07月01日 11:50
    2020年07月01日 11:50

    未来の食卓はすぐそこに 代替肉を製造する3Dプリンター

    イスラエルのテルアビブに拠点を構えるスタートアップ企業「Redefine Meat」は、植物性由来の食品を使った代替肉の製造を可能とする3Dプリンターの発売を計画している。

    8
  • 東京の浅草寺と雷(2013年7月8日撮影)
    アップデート: 2020年06月29日 22:05
    2020年06月29日 22:05

    稲妻に包まれる世界の観光スポット

    夜空を一瞬明るく照らす雷は、危険であると同時に神秘的な自然現象の一つ。今回スプートニクでは、世界の観光スポットで観測された雷の写真をご紹介します。

    12
  • プラーン・サームヨート(寺院)周辺のサルの銅像に上るサル(タイ、ロッブリー)
    アップデート: 2020年06月26日 18:50
    2020年06月26日 18:50

    今週のベストショット 6月20日―6月26日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    18