18:38 2020年10月27日
  • パルテノン神殿とスーパームーン(ギリシャ・アテネ)
  • 銅像とスーパームーン(ロシア・モスクワ)
  • スーパームーンを撮影する女性(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ゼニツァ)
  • エンパイア・ステート・ビルとスーパームーン(米ニューヨーク州・マンハッタン)
  • 記念碑とスーパームーン(ロシア・サンクトペテルブルク)
  • スーパームーンを観察する市民(ドイツ・ベルリン)
  • ビルとスーパームーン(米ミズーリ州・カンザスシティ)
  • 教会とスーパームーン(ロシア・モスクワ)
  • スーパームーンを観察する女性(ドイツ・ジーヴァスドルフ)ия
  • 文化科学宮殿とスーパームーン(ポーランド・ワルシャワ)
  • 建物とスーパームーン(英国・スタッフォードシャー)
  • スーパームーン(ベラルーシ・ミンスク)
  • ノートルダム大聖堂とスーパームーン(フランス・パリ)
  • 街の空で撮影されたスーパームーン(チリ ビニャ・デル・マール)
  • セブンマジックマウンテンとスーパームーン(米ネバダ州・ラスベガス)
  • ブルジュ・ハリファとスーパームーン(アラブ首長国連邦・ドバイ)
  • スーパームーン(イタリア・ベネチア)
  • スーパームーンを撮影する女性(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ゼニツァ)
© AP Photo / Petros Giannakouris
パルテノン神殿とスーパームーン(ギリシャ・アテネ)

4月7日から8日にかけて、通常より大きく見える満月「スーパームーン」が世界各地で観測された。新型コロナウイルスの影響で人気が少なく静かになった夜の街を明るく照らし出した。

スーパームーンとは、月が地球に最も接近した際に観測される満月と新月のこと。スーパームーンの満月は、最も遠いもの比較すると14パーセント程明るく、30パーセント程大きく見えるという。

また、NASAによると、今回のスーパームーンは3月に観測されたスーパームーンよりも約0.1パーセント地球に接近し、今年最も大きい満月になった。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 「アマチュア―自然・風景」部門1位入賞作品『Janela』 Carlos F. Turienzo氏(スペイン)
    アップデート: 2020年10月26日 22:32
    2020年10月26日 22:32

    息をのむ景色:EPSON国際パノラマ写真コンテスト2020入賞作品

    EPSONが主催する国際パノラマ写真コンテスト「The 11th EPSON International Pano Awards」が今年も開催された。今回は96か国のプロ・アマカメラマン1400人以上が応募し、6000点近くのパノラマ写真が集まった。その中から選ばれた入賞作品の一部をご紹介。

    21
  • ロシアで開催されたメルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク
    アップデート: 2020年10月23日 21:56
    2020年10月23日 21:56

    今週のベストショット 10月17日―10月23日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ロシア人画家、アンドレイ・タルソフ氏による「COVID-19 サバイバルガイドライン」
    アップデート: 2020年10月22日 18:44
    2020年10月22日 18:44

    ピンナップで「ステイホーム」 ロシア人画家によるコロナ指南書

    米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するロシア人アーティストのアンドレイ・タルソフさんは、新型コロナウイルスから身を守るための「COVID-19サバイバルガイドライン」をピンナップ風に描いている。

    9
  • エチオピアのアムハラ地方の農園で、バッタの死骸を手に取る女性(10月15日)
    アップデート: 2020年10月21日 22:24
    2020年10月21日 22:24

    エチオピアで四半世紀ぶりの蝗害 深刻な食糧危機に

    アフリカ東部のエチオピアでは、過去25年間で最悪といわれている蝗害が現在も続いており、バッタの大群に農作物を食い荒らされた農家たちが悲鳴を上げている。

    12