22:18 2020年06月05日
  • 地球観測衛星「センチネル1」が撮影した巨大氷山A-68 表面積は12%減少(2020年4月23日撮影)
  • 巨大氷山A-68の最西端(2017年10月31日撮影) 
  • アイス・ブリッジ作戦(Operation Ice Bridge)中に撮影された巨大氷山A-68(2017年11月12日撮影)
  • 巨大氷山A-68(2017年11月22日撮影)
  • 氷河と流氷
  •  巨大氷山A-68の先端(ラーセンC棚氷側)
  • アイス・ブリッジ作戦(Operation Ice Bridge)中に撮影されたラーセンC棚氷(2017年10月31日撮影)
  • ラーセンC棚氷から分離した巨大氷山А-68(2017年7月撮影)
  • ラーセンC棚氷に入った裂け目(2016年11月10日撮影)
  • 巨大氷山А-68
© 写真 : ESA/SENTINEL-1
地球観測衛星「センチネル1」が撮影した巨大氷山A-68 表面積は12%減少(2020年4月23日撮影)

2017年7月、南極に世界最大級の氷山A-68が誕生した。その巨大さから、今後何年も大海を漂流すると考えられていたが、ついに崩壊を始めた。誕生から崩壊までの2年間に撮影されたA-68の写真をご紹介。

この巨大氷山は2017年7月、南極で4番目に大きい棚氷「ラーセンC」から分離して誕生した。当時の面積は5800平方キロメートル、厚さ平均190メートル、重さ1兆トンで、南極最大の氷山となった。

しかし今月23日、欧州宇宙機関(ESA)の地球観測衛星「センチネル1」は、A-68から約175平方キロメートルの氷の塊が分離したのを記録した。これにより、総面積が12%程減少した。

A-68は、今後数年にわたって徐々に崩壊していくという。

タグ
地球温暖化, 環境, 南極
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る