23:05 2020年05月25日
  • 魚を水揚げする漁師(ベトナム、ダナン)
  • 大祖国戦争の退役軍人にお祝いするアコーディオン奏者とソリスト(ロシア、ノヴォシビルスク)
  • 航空ショーのリハーサルをする戦闘爆撃機Su-24(ロシア、モスクワ)
  • ダース・ベイダーに扮し、洪水の被害を受けた地域に救援物資を届けに向かう村の役人(フィリピン、マラボン)
  • ハネウェル・インターナショナルのマスク工場を視察するトランプ大統領(米アリゾナ州、フェニックス)
  • 二重に架かった虹(ケニア、シアヤ)
  • 街を消毒する市職員と噴射をよける男性(ケニア、ナイロビ)
  • 検疫措置の廃止を要求すべく大統領府に集まった実業家たち(ウクライナ、キエフ)
  • 肥料工場の竣工式に出席した金正恩委員長(北朝鮮、平壌)
  • 食料品の配給を受け取った市民(南アフリカ、ヨハネスブルク)
  • トランスフォーマーのコスチュームで「ステイホーム」を呼びかける男性(インドネシア、西ジャワ州バンドン)
  • 自主隔離の日数を記録する飼い主を眺める猫(フランス、リヨン)
  • ピエロの恰好で街を歩く男性(スイス、チューリッヒ)
  • 木の陰に沈むフラワームーン(5月の満月)(ドイツ、フランクフルト)
  • 外出禁止令が出ている街に立つ警備員(イエメン、サナア)
  • エラワン祠でフェイスシールドをつけて踊るダンサー(タイ、バンコク)
  • 動物園のキリンと世話をする職員(フランス、ナント郊外)
  • 少女に消毒液を散布する医療従事者(ネパール、カトマンズ)
  • 公園でくつろぐ市民(イタリア、ミラノ)
  • 氷が溶けたバイカル湖(ロシア)
  • 仮設遺体安置所となった冷蔵トラック(米ニューヨーク・ブルックリン)
© REUTERS / Kham
魚を水揚げする漁師(ベトナム、ダナン)

スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

自主隔離生活が続く一方で、規制を段階的に緩和する動きも広がっている。外出の際はマスクを着用し、新型コロナウイルス対策を徹底する各国の市民の姿がうかがえる。

今週一週間の世界中の出来事を、スプートニクの写真でご覧ください。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 5月24日、ラマダン終了を祝う祭り「イド・アル=フィトル」で、祈りをささげるイスラム教徒(イラン、テヘラン)
    アップデート: 2020年05月25日 21:55
    2020年05月25日 21:55

    断食月ラマダン終了 世界各地で祝祭

    5月23日、イスラム教徒にとって最も神聖とされる期間のラマダン(断食月)が終了した。新型コロナウイルスの感染が広がる中、翌24日にはラマダン終了を祝う祭り「イド・アル=フィトル/ウラザバイラム」が世界各地で行われた。

    19
  • 日光浴をする女性(英国、タインマウス)
    アップデート: 2020年05月22日 19:55
    2020年05月22日 19:55

    今週のベストショット 5月16日―5月22日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ボブ・ティッセン氏が撮影した廃艦
    アップデート: 2020年05月21日 14:45
    2020年05月21日 14:45

    カメラマンが見た軍艦の墓場

    世界的「廃墟」カメラマンが、使命を終え、人目に触れない場所でひっそりと時を過ごす軍艦の写真を公開した。

    12
  • 大人数で使用できないようイスに置かれたワニの置物
(タイ、バンコク)
    アップデート: 2020年05月19日 23:05
    2020年05月19日 23:05

    公園にカフェ、モスクまで:新たな習慣となった「ソーシャルディスタンス」

    半年も経たないうちにパンデミックを引き起こした新型コロナウイルスによって、世界に「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」というまったく新しいルールが生まれた。お互いの距離を保つという一見簡単なルールであるものの、生活を正常に戻していくための重要なカギとなっている。

    16