06:53 2020年12月02日
  • 崩落した国道219号(2020年7月7日、熊本県球磨村)
  • 総合体育館に避難する地元住民ら(2020年7月6日、熊本県八代市)
  • 土砂崩れ現場で行方不明者を捜索する自衛隊員(2020年7月7日、熊本県津奈木町)
  • 総合体育館に避難する地元住民ら(2020年7月6日、熊本県八代市)
  • 土砂崩れ現場で行方不明者を捜索する自衛隊員(2020年7月7日、熊本県津奈木町)
  • 豪雨の被害を受けた自宅のベランダに立つ女性(2020年7月7日、熊本県芦北町)
  • 崩落した国道219号沿いを歩く男性(2020年7月7日、熊本県球磨村)
  • 土砂崩れの現場を歩く男性(2020年7月7日、熊本県津奈木町)
  • 土砂崩れ現場で行方不明者を捜索する警察官(2020年7月7日、熊本県津奈木町)
© AFP 2020 / Charly Triballeau
崩落した国道219号(2020年7月7日、熊本県球磨村)

先週3日ごろから降り続いた大雨により、九州全域で川の氾濫や土砂災害、道路の崩落などの被害が広がっている。現在、警察や消防団、自衛隊などが土砂崩れ現場で行方不明者の捜索活動にあたっている。

熊本県球磨村では、氾濫した球磨川沿いの国道219号が崩落した。道路が寸断され、多くの集落が孤立状態に陥った。

気象庁は6日、福岡、佐賀、長崎の3県に警戒レベルのうち最も高い「レベル5」に相当する大雨特別警報を発表。また、6日から8日にかけて記録的な豪雨のおそれがあるとして引き続き警戒を呼びかけている。

NHKによると、熊本県を中心にこれまでに56人が死亡。1人が心肺停止の状態で発見され、13人が行方不明となっている。

タグ
災害, 日本, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • リルカイピ村の岬に立つ4頭のホッキョクグマ
    アップデート: 2020年12月01日 21:04
    2020年12月01日 21:04

    子育てに狩り、時には戯れ ホッキョクグマの暮らしぶり

    ロシア北極圏、チュクチ自治管区のリルカイピ村では現在、北極海沿岸に集まった数十頭のシロクマが群れで生活する様子が目撃されている。

    10
  • 警察と対峙するデモ参加者
    アップデート: 2020年11月30日 19:41
    2020年11月30日 19:41

    ロンドンでコロナ規制への抗議デモ 警察と衝突

    英国ロンドンの中心部で28日、新型コロナウイルス対策として実施されるロックダウン(都市封鎖)などに反対する大規模なデモが行われ、150人以上が拘束された。

    11
  • オマーン首都マスカットで飼い猫に餌をあげる女性
    アップデート: 2020年11月27日 21:21
    2020年11月27日 21:21

    今週のベストショット 11月21日―11月27日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • アルゼンチン、ブエノスアイレスのディエゴ・アルマンド・マラドーナ・スタジアムでマラドーナ氏を悼むファン
    アップデート: 2020年11月27日 00:30
    2020年11月27日 00:30

    マラドーナ氏が逝去 世界中でファンが追悼

    数々の伝説的なプレーを残してきたサッカー界の英雄、ディエゴ・マラドーナ氏(60)の訃報は瞬く間に世界を駆け巡った。現在、母国アルゼンチンをはじめ世界各地のサッカーファンが彼の死を悼んでいる。

    12