23:37 2020年08月13日
  • パシフィックビーチでポーズをとる女性(米カリフォルニア州、サンディエゴ)
  • クイーンズスクエアの芝生に、社会的距離を保つために描かれたハート(英イングランド、ブリストル)
  • ロシア、モスクワで観測された満月
  • 営業再開した遊園地で、マスクをしてアトラクションを楽しむ来園者(英国、チャートシー)
  • 夏至祭り「イワン・クパーラ」でたき火を飛び越える女性(ベラルーシ、トゥーラウ)
  • ホワイトハウスで開かれたイベントでバットを振るトランプ大統領(米国、ワシントン州)
  • マスクをして満員電車に乗り込む乗客(スリランカ、コロンボ)
  • 公園の噴水で水遊びをする市民ら(ロシア、モスクワ)
  • 牛追い祭りの「サン・フェルミン祭り」が中止され、市役所前の建物のバルコニーから手を振る男性(スペイン、パンプローナ)
  • 金でてきたマスクを着用する男性(インド、プネー)
  • 芝生で日光浴をする女性(ロシア、モスクワ)
  • 運航再開した旅客機を眺める僧侶と子どもたち(インド、コルカタ)
  • 木にぶら下って運動をする男性(中国、遼寧省瀋陽市)
  • シビッリーニ国立公園の花畑を背景に写真を撮る女性(イタリア、ウンブリア州)
  • 通りでバレエのレッスンをする少女(ナイジェリア、ラゴス)
  • 夜間外出禁止令の発表により勃発した暴動(セルビア、ベオグラード)
  • カウボーイを投げ飛ばす雄牛(米ミシシッピ州、タックストン)
  • 豊作を願う「カサダの祭り」で、ブロモ山の火口に投げ入れられたコインをとる村の住民(インドネシア、東ジャワ州プロボリンゴ)
  • 自転車に乗って帽子を販売する男性(台湾、台北市)
© AFP 2020 / Sandy Huffaker
パシフィックビーチでポーズをとる女性(米カリフォルニア州、サンディエゴ)

スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

ベラルーシでは、夏至祭「イワン・クパーラ」が行われ、イタリアのシビッリーニ国立公園の花畑は満開に。また、セルビアの首都ベオグラードでは、新型コロナウイルス感染者の増加による夜間外出禁止令の再導入に反発する市民らが暴動を起こした。

その他今週も1週間、世界で起こった出来事をスプートニクでご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ロシアの港湾都市、カリーニングラードにあるケーニヒスベルク大聖堂
    アップデート: 2020年08月12日 19:50
    2020年08月12日 19:50

    トリップアドバイザーが選ぶ最高の旅行先 日本からもランクイン

    世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」は、同サイトで最も栄誉あるアワード「トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト」を発表。来年話題沸騰間違いなしの世界の25の名所が選ばれた。

    13
  • 7月30日、白浜大浜海水浴場を訪れた少数の行楽客
    アップデート: 2020年08月12日 12:30
    2020年08月12日 12:30

    コロナ禍中のお盆休み 今夏、日本ではどう過ごす?

    日本では、8日からお盆休みが始まった。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中での連休となったが、東京近郊では多くの人々が行楽地で過ごす様子が見られた。

    14
  • 8月9日、ベラルーシの首都ミンスクで、大統領選の投票締め切り後、封鎖された通りをスクーターで走る男女
    アップデート: 2020年08月10日 22:55
    2020年08月10日 22:55

    ベラルーシ大統領選 結果めぐり抗議デモ

    ベラルーシで9日に行われた大統領選挙で、現職のルカシェンコ大統領の6選が確実になったことを受け、首都ミンスクをはじめ各都市で市民と警察が衝突した。

    14
  • モーリシャスの沖合で座礁した貨物船わかしお(8月6日撮影)
    アップデート: 2020年08月10日 19:50
    2020年08月10日 19:50

    サンゴ礁の危機 モーリシャス沖での船座礁・重油流出

    インド洋の島国モーリシャスの沖合で先月末、日本の三井商船が所有するパナマ船籍の大型貨物船「わかしお」が座礁し大量の重油が流出した問題で、周辺の海域ではサンゴ礁をはじめとした環境への影響が懸念されている。

    11