21:47 2021年07月30日
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「ステイホーム(家にいよう)」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「手を洗おう」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「顔を触らないで」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。 「医療機関で診察を受けよう」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「トイレットペーパーを買いだめしないで」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「外ではマスクと手袋を着けよう」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「最低6フィート(2メートル)の距離を空けよう」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「くしゃみは腕でおさえよう」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「人ごみを避けて」
© 写真 : Andrew Tarusov
アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「ステイホーム(家にいよう)」

米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するロシア人アーティストのアンドレイ・タルソフさんは、新型コロナウイルスから身を守るための「COVID-19サバイバルガイドライン」をピンナップ風に描いている。

タルソフさんが描くポスターでは、ポップでカラフルなピンナップガールが「ステイホーム(家にいよう)」と呼びかけているほか、「手を洗って!」「顔を触らないで」「外ではマスクと手袋を着けて」など基本的な感染対策を紹介。

また、「トイレットペーパーを買いだめしないで!」と買占め騒動についての注意喚起をするものもあり、パンデミック時代を象徴するポスターとなっている。

タグ
新型コロナウイルス, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • カナダ・オンタリオ州トロントの空に上げられた、高さ約30メートルのオランダの画家、ゴッホの気球
    アップデート: 2021年07月30日 19:14
    2021年07月30日 19:14

    今週のベストショット 7月24日―7月30日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • アルゼンチン南部・チュブト州トレレウ市近郊にある、化学物質によってピンク色に染まったラグーン(潟湖)
    アップデート: 2021年07月28日 20:26
    2021年07月28日 20:26

    アルゼンチンのラグーン、一面ピンク色に 原因はエビの防腐剤

    アルゼンチン南部のチュブト州トレレウ市近郊で、ラグーン(潟湖)が一面ピンク色に染まった。専門家によれば、原因は藻類などではなく、近くにある大型の水産加工工場から排出された化学物質にあるという。

    7
  • 胸元にオリンピックシンボルのタトゥーの入った競泳選手
    アップデート: 2021年07月28日 18:58
    2021年07月28日 18:58

    体にシンボルを:五輪タトゥーを刻む選手たち

    日本ではあまり馴染みがないが、多くの国でファッションとして親しまれているタトゥー。東京オリンピックでも、体にオリンピックシンボルや歴代の大会名などのタトゥーを入れた選手が多く出場しており、競技中にその顔をのぞかせている。

    13
  • 東京五輪・卓球女子シングルス予選の試合に臨むシリアのヘンド・ザザ選手(12)同大会参加選手の中で最年少
    アップデート: 2021年07月27日 19:26
    2021年07月27日 19:26

    12歳から66歳まで:東京五輪の最年少・最年長選手たち

    23日に開幕した東京オリンピック・パラリンピックでは、今大会最年少となる12歳の選手がシリア代表として出場を果たした。またその一方、馬術競技では最年長の66歳のオーストラリア代表選手が出場するなど、各種目で幅広い年齢の選手が活躍している。

    12