23:10 2020年11月30日
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「ステイホーム(家にいよう)」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「手を洗おう」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「顔を触らないで」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。 「医療機関で診察を受けよう」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「トイレットペーパーを買いだめしないで」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「外ではマスクと手袋を着けよう」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「最低6フィート(2メートル)の距離を空けよう」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「くしゃみは腕でおさえよう」
  • アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「人ごみを避けて」
© 写真 : Andrew Tarusov
アンドレイ・タルソフさんの「COVID-19 サバイバルガイドライン」。「ステイホーム(家にいよう)」

米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するロシア人アーティストのアンドレイ・タルソフさんは、新型コロナウイルスから身を守るための「COVID-19サバイバルガイドライン」をピンナップ風に描いている。

タルソフさんが描くポスターでは、ポップでカラフルなピンナップガールが「ステイホーム(家にいよう)」と呼びかけているほか、「手を洗って!」「顔を触らないで」「外ではマスクと手袋を着けて」など基本的な感染対策を紹介。

また、「トイレットペーパーを買いだめしないで!」と買占め騒動についての注意喚起をするものもあり、パンデミック時代を象徴するポスターとなっている。

タグ
新型コロナウイルス, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 警察と対峙するデモ参加者
    アップデート: 2020年11月30日 19:41
    2020年11月30日 19:41

    ロンドンでコロナ規制への抗議デモ 警察と衝突

    英国ロンドンの中心部で28日、新型コロナウイルス対策として実施されるロックダウン(都市封鎖)などに反対する大規模なデモが行われ、150人以上が拘束された。

    11
  • オマーン首都マスカットで飼い猫に餌をあげる女性
    アップデート: 2020年11月27日 21:21
    2020年11月27日 21:21

    今週のベストショット 11月21日―11月27日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • アルゼンチン、ブエノスアイレスのディエゴ・アルマンド・マラドーナ・スタジアムでマラドーナ氏を悼むファン
    アップデート: 2020年11月27日 00:30
    2020年11月27日 00:30

    マラドーナ氏が逝去 世界中でファンが追悼

    数々の伝説的なプレーを残してきたサッカー界の英雄、ディエゴ・マラドーナ氏(60)の訃報は瞬く間に世界を駆け巡った。現在、母国アルゼンチンをはじめ世界各地のサッカーファンが彼の死を悼んでいる。

    12
  • イタリアンレストラン「Pino's」の経営者ジュゼッペ ・ピノ・フィチェラさん
    アップデート: 2020年11月25日 21:07
    2020年11月25日 21:07

    ロックダウン中のドイツ 人間の代わりにパンダがレストランを訪問

    新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化したドイツでは、今月2日から1か月に及ぶ部分的なロックダウン(都市封鎖)が再導入され、多くの飲食店が閉鎖に追い込まれた。そんな中、フランクフルトにあるレストランでは人間の代わりにパンダのぬいぐるみが客席に登場。客足が途絶え寂しくなった店内を活気づけている。

    8