09:48 2020年11月25日
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港の外観
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港の利用客
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港に駐機する飛行機
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港の内装
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港のウインドウステッカー
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港の内装
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港の内装
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港の駐機するルフトハンザ航空とLCCイージージェットの旅客機
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港のロゴ
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港の駐機するルフトハンザ航空とLCCイージージェットの旅客機
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港に到着する利用客ら
  • ベルリン・ブランデンブルク国際空港から飛び立つ旅客機
© REUTERS / Hannibal Hanschke
ベルリン・ブランデンブルク国際空港の外観

ドイツ首都ベルリンでは10月31日、新たな空の玄関口となるベルリン・ブランデンブルク国際空港が当初の予定から9年遅れで開港した。

同空港はベルリンの壁崩壊後の1989年、東西ドイツの3つの空港を一本化し、統一ドイツの象徴として建設する計画が浮上。2006年に建設工事が始まり、2011年の開港が予定されていた。

しかし工事の不備などが問題で計6度も開港を延期。これにより、総工事費は当初の3倍まで膨れ上がった。

そして今年、ようやく開港にこぎつけたものの、今月2日には国内で新型コロナウイルス感染拡大による部分的なロックダウン(都市封鎖)が開始された。利用者激減のため、3つのターミナルのうち1つは当面閉鎖されるという。

タグ
飛行機, ドイツ, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 水面に浮かぶ紅葉と鯉
    アップデート: 2020年11月23日 23:48
    2020年11月23日 23:48

    コロナ禍でも楽しみたい 紅葉シーズンの日本列島

    日本では現在、紅葉シーズン真っ只中。新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが延期や中止に追い込まれたものの、近場で静かに紅葉を楽しみたいと考える人も多いようだ。

    10
  • デンマークのオールボーで子どもたちと交流するサンタクロース
    アップデート: 2020年11月20日 21:34
    2020年11月20日 21:34

    今週のベストショット 11月14日―11月20日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 韓国のソウルにある氷の施設「ICE GALLERY」で、氷でできたトイレに座る少年(2010年8月3日)
    アップデート: 2020年11月19日 21:49
    2020年11月19日 21:49

    宇宙船から氷の彫刻まで:世界のユニークなトイレ

    11月19日は「世界トイレの日」。この日にちなんで、世界中のユニークなトイレの数々をご紹介します。

    16
  • 2度目のロックダウン中のチェコ、プラハのカレル橋を渡る男性
    アップデート: 2020年11月18日 23:52
    2020年11月18日 23:52

    新型コロナ第2波到来の欧州 市民の様子は?

    現在、欧州各国に新型コロナウイルス感染拡大の第2波が押し寄せている。フランスやスペイン、英国など多くの国は今春に次ぐ2度目のロックダウン(都市封鎖)に踏み切った。

    13