14:08 2021年03月05日
  • 「ベスト・オブ・ショー」受賞作品『The Day of the Tentacles』 Gaetano Dario Gargiulo氏
  • 「コールドウォーター」部門1位入賞作品『Cathedral of Kelp』 Jon Anderson氏
  • 「コールドウォーター」部門2位入賞作品『Waiting for the Kiss』 Johan Sundelin氏
  • 「ポートレイト」部門4位入賞作品『The Eyes Have It』  Thomas Gaitley氏
  • 「アンダーウォーター」部門1位入賞作品『French Reviera Corona Mask』 Christophe Chellapermal氏
  • 「海洋生物の行動」部門1位入賞作品『Mating Crabs』Steven Kovacs氏
  • 「広角」部門 高評価獲得作品『Waterlily(スイレン)』 Flip Staes氏
  • 「コンパクトマクロ」部門1位入賞作品『5 Baby Seahorses』 PT Hirschfield氏
  • 「マクロ」部門 高評価獲得作品『Soulmates』 Erika Miura氏
  • 「アンダーウォーター」部門1位入賞作品『Crocosmile』 Jenny Stock氏
  • 「コンパクト・広角」部門1位入賞作品『Giant Frogfish(オオモンカエルアンコウ)』 Enrico Somogyi氏
  • 「裸鰓類」部門2位入賞作品『Queen of Sistiana』 Luca De Pauli氏
  • 「ブラックウォーター」部門1位入賞作品『Acanthonus Armatus(ハナトゲアシロ)』 Steven Kovacs氏
  • 「裸鰓類」部門1位入賞作品『Quarantine』 Wen Chou Wu氏
  • 「ポートレイト」部門1位入賞作品『Anglerfish(アンコウ)』 Galice Hoarau氏
  • 「マクロ」部門1位入賞作品『Seahorse(タツノオトシゴ)』 Galice Hoarau氏
  • 「広角」部門4位入賞作品『My New Toy』 Celia Kujala氏
「ベスト・オブ・ショー」受賞作品『The Day of the Tentacles』 Gaetano Dario Gargiulo氏

英国主催の水中写真コンテスト「2020 Ocean Art Contest」が開催され、受賞作品が発表された。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)による渡航制限が続いたにもかかわらず、9回目を迎える同コンテストには、世界中の海で撮影された写真が多数集まった。

今回、世界80か国から集まった数千点の応募作品のトップに輝いたのは、水中カメラマンのGaetano Dario Gargiulo氏の作品『The Day of the Tentacles(触手の日)』。オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の浅瀬の巣穴から出てきたタコの写真が高評価を獲得し、見事「ベストオブショー」に選ばれた。

また、今年ならではの作品も登場。「アンダーウォーター」部門で1位を受賞したChristophe Chellapermal氏の作品『French Reviera Corona Mask(フレンチ・リヴィエラ・コロナマスク)』。作品を通し、コロナ禍によって新たに生み出された海洋汚染を訴えた。

タグ
コンテスト, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ギリシャ中部・ギダマシ村で、地震により損壊した建物
    アップデート: 2021年03月04日 22:49
    2021年03月04日 22:49

    ギリシャでM6.9の地震 現地の被害の様子

    ギリシャ中部テッサリア地域で3日、マグニチュード(M)6.9の強い地震が発生した。現地では地震により十数人が負傷したほか、建物が損壊したりする被害が出ている。

    10
  • 福島第一原子力発電所。左から4号機、3号機、2号機、1号機。右に5号機と6号機の建設現場が見える(1975年撮影)
    アップデート: 2021年03月04日 14:01
    2021年03月04日 14:01

    事故から10年:福島第一原発 その歴史

    1971年に運転を開始した福島第一原子力発電所は、2011年3月の津波の影響で発生した原発事故をきっかけとして、廃炉が決定した。事故から10年が経とうとしている今回、スプートニクでは原発の歴史を振り返る。

    7
  • 2日に噴火したインドネシア・スマトラ島のシナブン山
    アップデート: 2021年03月03日 18:56
    2021年03月03日 18:56

    インドネシア・シナブン山の噴火 噴煙は5000m上空へ

    インドネシア・スマトラ島のシナブン山が2日に噴火し、噴煙は約5000メートル上空まで到達した。

    6
  • 福島県南相馬市・福島第一原発から約30キロのビーチでサーフィンをする鈴木康二さん(2020年3月4日)
    アップデート: 2021年03月03日 11:04
    2021年03月03日 11:04

    全てを失っても:64歳のサーファー、南相馬市で波に乗る

    東日本大震災から9年目を迎えようとしていた2020年3月4日、福島第一原発から半径30キロ圏内にある福島県南相馬市のビーチには1人の男性の姿があった。同市在住の鈴木康二さん(当時64)は毎朝、雨が降ろうと晴れようと、ビーチに打ち寄せる波のコンディションをチェックする。

    8