16:59 2021年03月08日
  • ギリシャ・レスボス島の「化石の森」で発掘された、化石化した樹齢2000万年の木
  • ギリシャ・レスボス島の「化石の森」で発掘された、化石化した樹齢2000万年の木
  • ギリシャ・レスボス島の「化石の森」で発掘された、化石化した樹齢2000万年の木
  • ギリシャ・レスボス島の「化石の森」で、運ばれる化石化した樹齢2000万年の木の隣に立つ男性
  • ギリシャ・レスボス島の「化石の森」で、化石化した樹齢2000万年の木のそばで作業する作業員
  • ギリシャ・レスボス島の「化石の森」で、化石化した樹齢2000万年の木をクレーンで持ち上げる作業員ら
  • ギリシャ・レスボス島の「化石の森」で発掘された、化石化した樹齢2000万年の木
  • ギリシャ・レスボス島の「化石の森」で発掘された、化石化した樹齢2000万年の木
© REUTERS / Elias Marcou
ギリシャ・レスボス島の「化石の森」で発掘された、化石化した樹齢2000万年の木

ギリシャ・エーゲ海東部に浮かぶレスボス島で、科学者らが樹齢2000万年の木化石を発見したと発表した。1995年に発掘調査が始まって以来、枝や根が完全に残っている状態で発見されたのは初めてのことだという。

木は、レスボス島の「化石の森」近くの道路を工事中に発見され、後に作業員によって現場から運ばれた。全長は約19メートルで、厚い火山灰の層に埋もれていたという。

化石の森自然史博物館のニコス・ゾウロス教授はロイター通信の取材で、発見された木について「素晴らしい状態で保存されている。化石化した木を研究することで、由来となる植物の種類を特定することが可能になる」と語っている。

レスボス島の「化石の森」は、2000万年前の火山噴火によって形成された石化林。面積は約1万5000ヘクタールにも及び、ユネスコの世界遺産に指定されている。

タグ
ギリシャ, 歴史, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 中国・上海で行われた展示会「Teamlab Borderless」でポーズをとる女性
    アップデート: 2021年03月05日 19:53
    2021年03月05日 19:53

    今週のベストショット 2月27日―3月5日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 無人航空機が撮影した、事故後の福島第一原子力発電所。破損した4号機(左)と3号機(右)が見える (2011年3月24日撮影)
    アップデート: 2021年03月05日 14:20
    2021年03月05日 14:20

    福島第一原発の事故 あの日何が起きたのか

    2011年3月11日、東日本を襲った巨大地震によって発生した大津波は、福島第一原子力発電所での水素爆発や炉心溶融(メルトダウン)を引き起こした。この事故はのちに、国際原子力事象評価尺度(INES)において最悪の「レベル7」に引き上げられ、チェルノブイリ原発事故に並ぶ史上最悪の原子力事故となった。

    10
  • ギリシャ中部・ギダマシ村で、地震により損壊した建物
    アップデート: 2021年03月04日 22:49
    2021年03月04日 22:49

    ギリシャでM6.9の地震 現地の被害の様子

    ギリシャ中部テッサリア地域で3日、マグニチュード(M)6.9の強い地震が発生した。現地では地震により十数人が負傷したほか、建物が損壊したりする被害が出ている。

    10
  • 福島第一原子力発電所。左から4号機、3号機、2号機、1号機。右に5号機と6号機の建設現場が見える(1975年撮影)
    アップデート: 2021年03月04日 14:01
    2021年03月04日 14:01

    事故から10年:福島第一原発 その歴史

    1971年に運転を開始した福島第一原子力発電所は、2011年3月の津波の影響で発生した原発事故をきっかけとして、廃炉が決定した。事故から10年が経とうとしている今回、スプートニクでは原発の歴史を振り返る。

    7