08:46 2021年04月21日
  • 電話で会話をする女性(1905年)
  • アルモン・ブラウン・ストロージャー氏による最初のセレクター
  • 米国初の商業通信衛星「インテルサット1号 アーリーバー」(1965年5月)
  • 公衆用の新しい長距離ダイヤル電話を使用するドイツ人女性(1957年7月17日)
  • フランスのパリ工芸博物館に所蔵されているアレクサンダー・グラハム・ベル氏の電話機のレプリカ
  • 米ニューヨークでラジオ放送中、リスナーと電話で話すフランス人歌手のジャン・サブロン氏(左)。サブロン氏は初めてマイクロフォンを使って歌った歌手とされている(1949年3月16日)
  • 旧リトアニア・ソビエト社会主義共和国のホテルの一室で電話を手に取る女性
  • 東京中央電話局で電話交換手として働く女性たち(1937年6月28日)
  • イエメン・アデンで、ラクダに乗って電話線をチェックする兵士(1962年9月21日)
  • 北朝鮮・平壌中心部の警察署で、外国人観光客と電話でやりとりする女性警察官たち(1991年10月)
  • 英ロンドンのファラデー・ビル(電話局)でガスマスクを着けて電話のデモンストレーションを行う電話交換手(1938年8月3日)
  • ロシア・ウラジオストクの電話交換所の電話交換手
  • フランス・パリのシャンゼリゼ通りで、電話ボックスでポーズをとるモデル(1969年2月17日)
  • 旧西ドイツ・マンハイムの郵便局で、設置された電話ボックスから電話をかける人々(1959年10月8日)
電話で会話をする女性(1905年)

19世紀後半に電話が発明されて以来、人々の声は電話交換手とよばれるオペレーターにより遠くまで届けられてきた。しかし1889年3月10日、米国の発明家アルモン・ブラウン・ストロージャーによって、ついに交換手を必要としない「自動電話交換機」が生み出された。

ストローガー氏は当時、ミズーリ州カンザスシティで葬儀屋を営んでいたが、競合他社に顧客を奪われ業績が伸び悩んでいた。そんなある時、彼は同業者の妻がこの街の電話交換手をしていることを知り、さらに自分宛ての電話を自分の夫が経営する葬儀屋へつないでいたことを突き止めた。これをきっかけに、ストローガー氏は交換手を必要としない電話交換機の発明を思い立ったと言われている。

そして1889年3月10日、ストローガー氏は自動電話交換機の特許を取得。1892年には米国で本格的に稼働が開始され、その後急速に普及していった。日本では1926年、東京都の京橋電話局に国内初の自動電話交換機が設置された。 

タグ
歴史, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 高評価獲得作品『Two Headed Viper(2つ頭のマムシ)』 Teo Chin Leong氏(シンガポール)
    アップデート: 2021年04月20日 20:16
    2021年04月20日 20:16

    双頭のマムシ、海の心臓:「All About Photo Awards 2021」受賞作品

    世界中の写真家から印象的な作品が集まるコンテスト「All About Photo Awards」が今年も開催された。今回で6回目を迎える本コンテストにも多くの作品が寄せられ、世界23カ国の写真家が受賞した。

    15
  • 南アフリカ・ケープタウンの「テーブルマウンテン国立公園」で発生した森林火災
    アップデート: 2021年04月19日 20:23
    2021年04月19日 20:23

    南アフリカ・ケープタウンで大規模森林火災 大学キャンパスにも火の手

    南アフリカ第2の都市・ケープタウンの「テーブルマウンテン国立公園」で18日、大規模な森林火災が発生した。現在も消火活動が続けられているが、地元ケープタウン大学のキャンパスに火が燃え移るなどの被害が出ている。

    10
  • 米ミネソタ州ブルックリン・センターで黒人男性射殺事件の発生後に行われた抗議デモで、衝突するデモ隊と警察
    アップデート: 2021年04月16日 18:58
    2021年04月16日 18:58

    今週のベストショット 4月10日―4月16日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ノートルダム大聖堂の屋根の再建工事現場
    アップデート: 2021年04月15日 20:16
    2021年04月15日 20:16

    大火災から2年 ノートルダム大聖堂で進む再建工事

    フランス・パリ中心部にそびえるノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生してから、きょうで2年を迎えた。新型コロナウイルスの影響で再建工事が一時的に中断したものの、現在、現場では冬に開始が予定されている復元作業に向け再建工事が進められている。

    10