19:20 2021年08月04日
  • フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー受賞作品『Porters(荷物運搬人)』 Tom Price氏(英国)
  • 第2位受賞作品『The Human Cost of COVID-19(COVID-19の犠牲者)』 Joshua Irwandi氏(インドネシア)
  • 第3位受賞作品『Irish Travellers (アイルランドの旅人)』 Joseph-Philippe Bevillard氏(米国)
  • 第4位受賞作品『LATIDOAMERICA(ラティード・アメリカ)』 Javier Arcenillas氏(スペイン)
  • 第5位受賞作品『Chile Resists(チリの抵抗)』 Javier Vergara氏(チリ)
  • 高評価獲得作品『Portrait of Nyakeak(ニャカクのポートレイト)』 Peter Caton氏(英国)
  • 高評価獲得作品『Monster(モンスター)』 Pedro Luis Ajuriaguerra氏(スペイン)
  • 高評価獲得作品『Haldi Festival(ターメリックの祭り)』 Donell Gumiran氏(アラブ首長国連邦)
  • 高評価獲得作品『Two Headed Viper(双頭のマムシ)』 Teo Chin Leong氏(シンガポール)
  • 高評価獲得作品『Taboo(タブー)』 Fattah Zinouri氏(イラン)
  • 高評価獲得作品『Heart of the sea(海の心臓)』 Phuoc Hoai Nguyen氏(ベトナム)
  • 高評価獲得作品『Demonstration in Paris against the 'global security' draft law(パリでの「グローバルセキュリティ法案」に対する抗議デモ)』 Aurélien Morissard氏(フランス)
  • 高評価獲得作品『Outside(外)』  Jakub Wawrzak氏(ポーランド)
  • 高評価獲得作品『The way of beauty(美しさへの道)』 Umberto Verdoliva氏(イタリア)
  • 高評価獲得作品『Poems For Sisters(姉妹の詩)』 Hardijanto Budiman氏(インドネシア)
フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー受賞作品『Porters(荷物運搬人)』 Tom Price氏(英国)

世界中の写真家から印象的な作品が集まるコンテスト「All About Photo Awards」が今年も開催された。今回で6回目を迎える本コンテストにも多くの作品が寄せられ、世界23カ国の写真家が受賞した。

フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは英国の写真家、トム・プライス氏による作品『Porters(荷物運搬人)』。インド・コルカタの卸売市場で見た、大きな荷物を運ぶ労働者からインスぴレーションを受けたポートレイトが高評価を博し、賞金5000ドル(約54万円)が贈られた。

昨年1年間、国境を越え文化を超え、写真家たちが世界の片隅で撮影した写真の数々をスプートニクでご紹介します。

タグ
コンテスト, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 森林火災でケガを負った子猫の手当をするボランティア
    アップデート: 2021年08月03日 19:51
    2021年08月03日 19:51

    トルコでの森林火災 動物たちにも火の脅威迫る

    トルコ南西部で発生した大規模な森林火災は、発生から1週間が経とうとしている現在も火の勢いは収まっていない。広範囲で甚大な被害をもたらしているが、その被害は人間だけでなく動物たちにも及んでいる。

    10
  • 浴衣を着て街を店の宣伝をする女性
    アップデート: 2021年08月02日 22:45
    2021年08月02日 22:45

    五輪の裏では緊急事態宣言 東京の夜の顔

    東京五輪が行われる中、東京都は依然として緊急事態宣言下に置かれている。対象地域の飲食店では酒類提供が全面停止となったほか、午後8時までの時短営業も求められるなど厳しい対策がとられている一方、8時以降も街には灯りがともり、若者や勤務明けの会社員らが出歩く姿が見られる。

    8
  • カナダ・オンタリオ州トロントの空に上げられた、高さ約30メートルのオランダの画家、ゴッホの気球
    アップデート: 2021年07月30日 19:14
    2021年07月30日 19:14

    今週のベストショット 7月24日―7月30日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • アルゼンチン南部・チュブト州トレレウ市近郊にある、化学物質によってピンク色に染まったラグーン(潟湖)
    アップデート: 2021年07月28日 20:26
    2021年07月28日 20:26

    アルゼンチンのラグーン、一面ピンク色に 原因はエビの防腐剤

    アルゼンチン南部のチュブト州トレレウ市近郊で、ラグーン(潟湖)が一面ピンク色に染まった。専門家によれば、原因は藻類などではなく、近くにある大型の水産加工工場から排出された化学物質にあるという。

    7