18:40 2021年08月04日
  • ロンドン中心部に新たに設置された、エリザベス女王90歳の誕生日を記念した壁画(2016年4月19日)
  • 英イングランド・オックスフォードシャーのラドリー・カレッジに飾られた自分の肖像がの前に立つエリザベス女王
  • ドイツ西部・マインツで行われたカーニバル「ローズマンデー」に登場したエリザベス女王の山車
  • ロンドンで開催された骨董市で展示された、中国人アーティストによるエリザベス女王の胸像(2015年11月3日)
  • フランス・ニースで行われたカーニバルに登場したエリザベス女王の巨大な山車(2020年2月15日)
  • ロシア・ソチの蝋人形館に展示されているエリザベス女王の等身大の蝋人形
  • ロンドンで開催されたガーデンショーで、自分をイメージした花の展示物の前に立つエリザベス女王(2016年5月23日)
  • 英・北アイルランドのアルスター国立博物館で開催された「The Queen」展(2012年1月14日)
  • 英ロンドンのバッキンガム宮殿にあるクイーンズ・ギャラリーで、エリザベス女王の肖像画を披露するオーストラリア人アーティスト、ロルフ・ハリス氏(2005年12月19日)
  • 日本の人形メーカー「久月」が作製した、エリザベス女王の絵が描かれた羽子板(2012年12月6日)
  • 英イングランド・バークシャーのウィンザー・ギルドホールで、自分の肖像画を披露するエリザベス2世(2002年7月3日)
  •  クリスティーズのオンライン・オークションに出品された、米国の画家アンディ・ウォーホル氏によるエリザベス女王の肖像画(2021年3月26日)
  • 英ロンドン中心部にあるカートゥーン博物館に展示されているエリザベス女王のイラスト
© AP Photo / Alastair Grant
ロンドン中心部に新たに設置された、エリザベス女王90歳の誕生日を記念した壁画(2016年4月19日)

4月21日、英国のエリザベス女王が95歳の誕生日を迎えた。そこでスプートニクでは今回、様々な年代で描かれたエリザベス女王の肖像画や胸像などの芸術作品をまとめてご紹介。

今月9日、夫であるエディンバラ公フィリップ殿下が99歳で死去し、17日にウィンザー城で葬儀が行われたばかり。王室は現在2週間の喪に服しているため、礼砲など公的な祝賀行事は行われないという。

タグ
英国, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 森林火災でケガを負った子猫の手当をするボランティア
    アップデート: 2021年08月03日 19:51
    2021年08月03日 19:51

    トルコでの森林火災 動物たちにも火の脅威迫る

    トルコ南西部で発生した大規模な森林火災は、発生から1週間が経とうとしている現在も火の勢いは収まっていない。広範囲で甚大な被害をもたらしているが、その被害は人間だけでなく動物たちにも及んでいる。

    10
  • 浴衣を着て街を店の宣伝をする女性
    アップデート: 2021年08月02日 22:45
    2021年08月02日 22:45

    五輪の裏では緊急事態宣言 東京の夜の顔

    東京五輪が行われる中、東京都は依然として緊急事態宣言下に置かれている。対象地域の飲食店では酒類提供が全面停止となったほか、午後8時までの時短営業も求められるなど厳しい対策がとられている一方、8時以降も街には灯りがともり、若者や勤務明けの会社員らが出歩く姿が見られる。

    8
  • カナダ・オンタリオ州トロントの空に上げられた、高さ約30メートルのオランダの画家、ゴッホの気球
    アップデート: 2021年07月30日 19:14
    2021年07月30日 19:14

    今週のベストショット 7月24日―7月30日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • アルゼンチン南部・チュブト州トレレウ市近郊にある、化学物質によってピンク色に染まったラグーン(潟湖)
    アップデート: 2021年07月28日 20:26
    2021年07月28日 20:26

    アルゼンチンのラグーン、一面ピンク色に 原因はエビの防腐剤

    アルゼンチン南部のチュブト州トレレウ市近郊で、ラグーン(潟湖)が一面ピンク色に染まった。専門家によれば、原因は藻類などではなく、近くにある大型の水産加工工場から排出された化学物質にあるという。

    7