22:25 2021年06月15日
  • 英ロンドンのラファルガー広場から見られた日食
  • コロンビア・ボゴタで行われた反政府デモで、警察と衝突し盾に隠れるデモ隊ら
  • 米ニューヨークで開催された「イマーシブ・ヴァン・ゴッホ展(The Immersive Van Gogh exhibit)」に足を運んだ来場者
  • 中国・雲南省の森で一休みするアジアゾウの群れ
  • イタリア・ローマのボルゲーゼ美術館で、英国人アーティストのダミアン・ハーストの作品「Grecian Nude」を撮影する来場者
  • 米マサチューセッツ州ボストンの「Lストリート・ビーチ」を訪れた大勢の市民
  • パキスタン・シンド州ゴトキで発生した列車衝突事故の現場から撤去される車両
  • ペルー・カハマルカで大統領選挙の決選投票の翌日、通りを行進する急進左派のペドロ・カスティジョ氏の支持者ら
  • パレスチナ自治区ガザ地区で、イスラエル軍とイスラム過激派組織「ハマス」の衝突で破壊された車の中で遊ぶ子どもたち
  • インド・ムンバイの駅のホームで子どもの体温を測る医療従事者
  • 英イングランド・コーンウォールで、G7サミット開催前に電子廃棄物で作られたG7の首脳らのアート「Mount Recyclemore」を撮影する男性
  • オーストリア・ウィーン郊外で、噴水でリフレッシュする犬
  • 英イングランド・コーンウォールで、砂の上に描かれたG7の首脳ら
  • フランス・パリのエッフェル塔近くに建設された「グラン・パレ・エフェメール」の見学会に集まる来場者
  • スリランカ・コロンボ郊外のケラニヤで、豪雨で冠水した道路をマットレスで移動する子ども
  • エルサルバドル・チルティウパンで、ビットコインを扱う店でポーズをとるオーナー
  • ポーランド・プウォツクの動物園で、生まれたばかりの子どもをくわえるアムールトラ
  • デンマーク・ロラン島のルピナス畑でセルフィー(自撮り)を撮る女性
  • 中国・北京のショッピングモールで、天使の像に座ってスマートフォンを見る男女
  • 台湾・新北市で、新型コロナウイルスのスクリーニング検査を担当する医療従事者
© AP Photo / Frank Augstein
英ロンドンのラファルガー広場から見られた日食

スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

中国で北上を続けるアジアゾウの群れ、ペルーでの大統領選挙など、世界で起こった1週間の出来事をお見せします。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 日本・東京都渋谷の「キャットストリート(渋谷川遊歩道)」。ハイブランドやおしゃれな古着店などが並ぶ
    アップデート: 2021年06月15日 20:42
    2021年06月15日 20:42

    「タイムアウト」誌が選ぶ世界で最もクールなストリート 日本からもあの通りがランクイン

    タイムアウト・グループが発行する国際的な雑誌「タイムアウト(Time Out)」誌がこのほど、「世界で最もクールなストリート」ランキングを発表した。

    15
  • デンマーク国立博物館のショーケースに展示された、約1000年前に生き別れたバイキングの人骨
    アップデート: 2021年06月10日 18:17
    2021年06月10日 18:17

    血縁関係のあるバイキング、1000年ぶりに博物館で「再会」

    調査の結果、血縁関係があると判明した2人のバイキングの戦士の人骨が、デンマークの国立博物館で約1000年ぶりに「再会」を果たした。2人の骨のDNA分析は、バイキングが欧州をどのように移動したかを解明する手がかりとなった。

    6
  • カリフォルニア州アルカディアで、独立記念日(7月4日)のために国旗が立てられた芝生にたたずむクジャク
    アップデート: 2021年06月09日 20:01
    2021年06月09日 20:01

    カラフルな厄介者:路上でクジャクが歩き回る 米カリフォルニア

    色鮮やかで美しい羽を持つクジャク。その姿は人々を魅了するが、ここ米カリフォルニア・ロサンゼルスの都市、アルカディアでは現在、そんなクジャクが住宅街を歩き回っており、一部の住民にとって迷惑な存在となっているという。

    10
  • ベネチアでゴンドラに乗る観光客ら
    アップデート: 2021年06月08日 17:42
    2021年06月08日 17:42

    「ホワイトゾーン」となったベネチア 観光客戻る

    イタリアでは新型コロナウイルスの感染状況に合わせ、全土が「レッド」「オレンジ」「イエロー」「ホワイト」に分類され、それぞれ異なる感染対策がとられてきた。そんな中、感染リスクが低いと判断された「ホワイトゾーン」の地域にベネト州が指定され、水の都ベネチアには観光客が戻りつつある。

    12