12:36 2021年10月16日
  • カナリア諸島、ラパルマ島のクンブレビエハ火山の噴火
  • エルパソのクンブレビエハ国立公園にある火山から流出する溶岩
  • カナリア諸島、ラパルマ島にあるクンブレビエハ火山の噴火で流出した溶岩に飲み込まれた家が焼ける様子を見つめる民間防衛隊の職員と消防員
  • カナリア諸島、ラパルマ島のクンブレビエハ火山の噴火で流出した溶岩に飲み込まれて焼ける住宅
  • カナリア諸島、ラパルマ島の火山噴火による溶岩を眺める住民たち
  • カナリア諸島、ラパルマ島、エルパソにある住宅地クンブレビエハ国立公園の火山噴火による溶岩と噴煙
  • カナリア諸島、ラパルマ島、エルパソにある住宅地クンブレビエハ国立公園の火山噴火による溶岩と噴煙
  • カナリア諸島、ラパルマ島、エルパソにある住宅地クンブレビエハ国立公園の火山噴火による溶岩と噴煙
  • 上空から見たカナリア諸島、ラパルマ島のクンブレビエハ国立公園の火山噴火後に噴き出す溶岩
  • カナリア諸島、ラパルマ島、エルパソにある住宅地クンブレビエハ国立公園の火山噴火による溶岩と噴煙
  • 上空から見たカナリア諸島、ラパルマ島のクンブレビエハ国立公園の火山噴火後に噴き出す溶岩
  • 上空から見たカナリア諸島、ラパルマ島のクンブレビエハ国立公園の火山噴火後に噴き出す溶岩
© AFP 2021 / Desiree Martin
カナリア諸島、ラパルマ島のクンブレビエハ火山の噴火

スペインのカナリア諸島のクンブレビエハ火山が50年ぶりに噴火し、強い地震と溶岩の流出などにより、5,000人を超える市民が避難を強いられている。

被災地の地元政府は、溶岩が放牧地や居住区に到達し始めた18日に、住民と観光客の避難を開始した。現時点で、およそ1,700万〜2,000万立方メートルの溶岩流が海岸に向かって流出していることから、地域の経済被害はきわめて甚大なものになると見られている。

カナリア諸島、ラパルマ島にある火山の噴火は、9月19日に発生。溶岩は数百メートルの高さにまで噴き上がり、溶岩流は放牧地や小さな村がある山の麓に流れ出した。

ラパルマ島では、クンブレビエハ山の地下で1週間に22,000回以上の地震が観測されたことを受け、避難に向けた緊急体制を敷いていた。この火山が最後に噴火したのは1971年で、そのとき、溶岩流の撮影中に1人が命を落としている。スペイン国立地理学研究所のデータによれば、この地域でのもっとも大規模な噴火が発生したのは1430年のこととなっている。


関連ニュース

カナリア諸島の噴火で新山が出現の可能性

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 英ロンドンのウェストミンスター寺院で、王立英国在郷軍人会100周年の記念行事に出席したエリザベス女王
    アップデート: 2021年10月15日 19:08
    2021年10月15日 19:08

    今週のベストショット 10月9日―10月15日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビにある韓国文化センターで、『イカゲーム』をプレイするプレイヤー
    アップデート: 2021年10月14日 21:07
    2021年10月14日 21:07

    韓国Netflixドラマ「イカゲーム」 世界で話題沸騰中

    米動画配信サービス「ネットフリックス(Netflix)」で大反響を呼び、歴代最多の視聴者数を記録した韓国ドラマシリーズ『イカゲーム』。主人公たちが大金獲得をめざし、失敗すれば即死の過酷なゲームに挑戦するというストーリーだが、劇中に登場するゲームやお菓子が各地で人気を博している。

    10
  • モスクワ郊外で無重力飛行の訓練を受ける前澤友作氏
    アップデート: 2021年10月13日 17:55
    2021年10月13日 17:55

    前澤友作氏、宇宙飛行士訓練に励む 無重力飛行も体験

    日本の実業家で「ZOZO」創業者の前澤友作氏(45)は12月、日本の民間人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)へ向かう。前澤氏は現在、モスクワ郊外のガガーリン宇宙飛行士訓練センターを拠点に訓練を受けており、先月末には人生初の無重力飛行も経験した。

    10
  • イスラエル・ヤブネで発見されたワイナリーの遺跡で、壺を調べる考古学者
    アップデート: 2021年10月12日 19:31
    2021年10月12日 19:31

    イスラエルで1500年前のワイナリー発見 当時としては世界最大

    イスラエルの考古学者らは11日、同国中部の都市ヤブネで約1500年前のビザンツ帝国時代にワインの生産が行われていたワイナリーの遺跡を発見したと発表した。面積は約7000平方メートルで、年間約200万リットルのワインが生産されていたとみられ、当時としては世界最大規模のワイナリーだと推測している。

    10