04:42 2021年05月13日
政治
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ボリショイ・モスクワレーツキイ橋のボリス・ネムツォフ殺害現場に建てられた記念碑が又しても破壊された。全ての花・蝋燭・肖像が撤去された。誰がやったのかはわからない。土曜未明の出来事だった。

ロシア共和党・人民自由党のナタリヤ・ペレヴィナ氏によれば、土曜の早朝2時ごろのことだという。氏はTwitterで、この件を卑劣な行為として非難し、ネムツォフはもう一度殺されたようなものだ、と述べた。

しかしクレムリン脇で殺された政治家のために、支持者らは再び花、蝋燭、肖像を殺害現場に持ち寄っている。イリヤ・ヤピン氏によれば、この仮設の記念碑はボリショイ・モスクワレーツキイ橋の上に長く立ち続けるだろう、としている。なぜなら、ボリス・ネムツォフを偲ぶ人は、それが壊されるたびに動員されるからである、という。

タグ
ボリス・ネムツォフ, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント