12:41 2017年08月19日
東京+ 27°C
モスクワ+ 19°C
    スウェーデン政治家ら、ゴットランド島に地雷敷設を提案、ロシアの占領を避けるのが目的

    スウェーデン政治家ら、ゴットランド島に地雷敷設を提案、ロシアの占領を避けるのが目的

    © Flickr/ Mattias Frenne
    政治
    短縮 URL
    0 793210

    19日、スイスのTV4 Nyheternaはスウェーデン国民党の政治家、ウルフ・クラッソン氏がゴットランド島の3つの湾の下に特殊な空洞を掘る意向を表したと報じた。空洞は地雷が敷設できるもの。目的は外敵の侵攻に備えてのものと説明されているが、この「外敵」とは何よりもまずロシアを念頭においたものだということは予想できる。

    クラッソン氏はインタビューに対し、「ゴットランドはバルト海の戦略的要所だ。我々は侵攻を想定し、これを大陸からの支援が間に合うよう、遅くしたいのだ」と語っている。

    事実上、ゴットランド島には一切軍事施設はなく、単なる観光名所となっているものの、スウェーデンの政治家らの中には、仮にゴットランドが占領された場合、バルト諸国にとっては脅威となり、これへのNATOからの支援は間に合わないとの見解が表されている。

    スウェーデンは長年にわたり軍事陣営および軍事連合には政治的に組まない姿勢をとってきたため、バルト海沿岸諸国からの支援要請には一切の義務も負わず、約束もなく、NATOとも現段階では関係をもっていない。このためスウェーデン軍が事前行為に取り組むか、あるいはNATOに組するかという問題はすでに解決済み。

    1808年ロシア帝国軍は一発の砲弾も用いずにゴットランド島を占領した。上陸した部隊を率いたニコライ・アンドレーヴィチ・ボディスコ提督は完璧な仏語を操り、ダンスのステップは見事としかいいようのないものだった。3週間半後、ロシア軍が去ると、島の中世都市ヴィスビューの市民は泣き悲しんだ。なぜならスウェーデンの将校らの仏語は聞くに堪えないもので、ダンスも全く踊れなかったからだという。

    タグ
    スウェーデン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント