02:23 2017年08月21日
東京+ 25°C
モスクワ+ 29°C
    米国、欧州に最新戦闘機配備でロシアを威嚇

    米国、欧州に最新戦闘機配備でロシアを威嚇

    US Air Force / Master Sgt. Jeremy Lock
    政治
    短縮 URL
    0 918220

    米国は欧州配備の米空軍兵を増員する構え。米空軍のデボラ・リー・ジェームズ長官は15日声明を表し、空軍兵の増員目的について、軍事力を誇示するワンステップと語った上で、ロシアを「最大の脅威」と呼んだ。ウォールストリート・ジャーナル紙が報じた。

    ウォールストリート・ジャーナル紙によれば、これより前米国はバルト海上空の警備を強化し、英国に爆撃機B2、B52を配備しているものの、さらに第5世代の戦闘機F22ラプターの欧州配備の検討を進めている。ジェームズ米空軍長官はこの件で協議を行なうため、NATO諸国訪問を実施する構え。

    6月13日付けのニューヨークタイムズ紙は米役人からの情報を引用し、米国防総省が「ロシアからの攻撃に」報復するため、重火器の東欧配備の可能性を探っていると報じている。

    6月はじめ、米国マスコミは米大統領府が中短距離核戦力全廃条約にあたかもロシアが違反したとして、それに対する報復措置として欧州への地上型ミサイル配備の可能性を検討していると報じていた。

    タグ
    EU, 露米関係, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント