17:47 2018年05月25日
東京+ 26°C
モスクワ+ 15°C
    EUはアドルフ・ヒトラーに安息を与えないのか?

    EUはアドルフ・ヒトラーに安息を与えないのか?

    © Sputnik / Vladimir Sergeyev
    政治
    短縮 URL
    アンドレイ イワノフ
    0 150

    22日、欧州連合(EU)外相理事会は、対ロシア制裁を2016年1月31日まで延長することを決定した。意図的なのか、それとも偶然なのか、対ロ制裁の延長は、1941年6月22日にナチス・ドイツが当時のソ連に侵攻したことを受けて、ロシアで「記憶と哀悼の日」とされている日に決まった。ロシア大統領府のイワノフ長官は、6月22日に対ロ制裁の延長が決まったのは皮肉的ではないか、との記者団からの質問に対して、「皆さんはこれに驚きますか?私は、残念ながら、ずいぶん前から驚かなくなりました」と答えた。

    なぜヒトラーがソ連を攻撃したのか。その理由は分かる。ソ連には欠点があったものの、ファシズムが生まれた時からソ連はその拡大を防ぐために一貫して戦い、ヒトラーはソ連を、世界制覇を目指す上での主な障害とみなしていた。しかしヒトラー率いるドイツ軍は、ソ連軍によって粉砕され、ヒトラーは自殺した。ヒトラーの夢は、生きながらにして破れた。

    ただ「世界征服」という言葉が、よりエレガントな「民主主義の拡大」という言葉に置き換えられた。しかし、その本質に変わりはない。一国、あるいは複数の国が集まって形成されたグループが、他の国に対して、「どうやって暮らすべきか」を教える権利を横取りし、「ずぼらな生徒」を処罰している。ユーゴスラビア、イラク、リビア、アフガニスタンなどが、そのような目に遭った。このような国のうちの多くの国では、民主主義が確立されるのではなく、廃墟や墓が増えた。

    ロシアは、欧米の命令に従うのを拒否した。しかし欧米は、イラクあるいはリビアに対して行ったように、ロシアを爆弾やミサイルで処罰するのを恐れている。そのため、あらゆる理由をみつけて、制裁を発動している。ウクライナでは、ネオナチによるクーデターが起き、ウクライナ領土の一部は、ネオナチの支配下に置かれたが、なぜか、ロシアが悪者扱いされている。ウクライナの管制官が、戦闘行為が行われている地域の上空に向かわせたマレーシア機が墜落したが、なぜか、ロシアが悪者扱いされている。ウクライナ軍は、ミンスク合意を無視し、停戦違反をし、ドンバスの一般市民が暮らしている居住区を砲撃しているが、なぜか、ロシアが悪者扱いされている。これは、一体どういうことなのか?欧米式の正当性なのか?いや、そうではない。これは、卑劣さだ。2重の卑劣さだ。なぜなら、6月22日に制裁が延長されたからだ。

    「記憶と哀悼の日」に。

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, 歴史, 対露制裁, 制裁, 欧州連合, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント