12:34 2018年02月20日
東京+ 7°C
モスクワ-7°C
    韓国、北朝鮮の国旗

    南北朝鮮 和平交渉を続ける

    © Fotolia/ destina
    政治
    短縮 URL
    0 52

    今日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と韓国は、再び交渉のテーブルについた。モスクワ時間で朝9時、ハイレベルでの対話が再開された。国連の潘基文事務総長は、南北朝鮮間の緊張ができるだけ早く収まるよう期待感を明らかにした。

    これに先立ち南北朝鮮の代表は、すでに2+2のフォーマットでの会談を行った。話し合いは、深夜まで10時間以上続いた。双方は、自分達の立場を主張し、朝鮮半島危機解決に関する意見を交換した。

    南北朝鮮間で新たな紛争が勃発したのは、韓国側が、放送中継用機器を取り付けたことによるもので、北朝鮮側は「この機器は宣伝放送用のものだ」として強く反発した。北側は、この機器を48時間以内に撤去するよう求める最後通牒を韓国側に伝えたが、モスクワ時間で土曜日午前11時、交渉がスタートする1時間前に、その期限は切れた。

    関連:

    南北朝鮮、緊張緩和についての交渉開始
    北朝鮮、韓国を正式名称で呼び、協議について報道
    駐ロ北朝鮮大使、韓国が境界線上でどのような放送を行っているかを明かす
    南北朝鮮、危機打開のためハイレベル会談を行うことで合意
    米韓戦闘機、北朝鮮を威嚇するため演習
    南北朝鮮、互いに戦争を牽制
    北朝鮮軍最高司令部、「煽動の罪で韓国を厳しく罰せよ」
    朝鮮半島情勢は戦争間近-駐中国北朝鮮大使
    タグ
    韓国, 北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント