14:50 2017年09月23日
東京+ 21°C
モスクワ+ 4°C
    北朝鮮外務相 国連総会で米国に平和条約締結を提案

    北朝鮮外務相 国連総会で米国に平和条約締結を提案

    © REUTERS/ Vasily Fedosenko
    政治
    短縮 URL
    162782

    木曜日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のリ・スヨン(李洙墉)外相は、第70回国連総会での一般討論演説で「我々は、朝鮮半島における緊張緩和に関し建設的対話を行う事に賛成するだろう。ただそのためには、米国が、現在ある1953年の休戦合意の代わりに、完全な平和条約に調印しければならない」と述べた。

    リ・スヨン外相は、次のように発言した―

    「朝鮮民主主義人民共和国政府は、朝鮮半島における戦争や紛争阻止のために建設的対話をする用意があるが、それは、米国がマスコミを通じ誰かの挑発について主張せず、現行の休戦合意に代え、完全な平和条約に調印して初めて可能となる。これが、我々が為しうる最高のバリエーションであり、我々がここで提案できる最高の解決策である。

    我々は、国連安保理事会の側から禁止されてはいるが、衛星打ち上げの権利を、あらゆる手段によって断固守り抜くだろう。

    我が政府は、国の尊厳を守り通し、平和的な衛星打上げに対する不公正な行為に、今ある防衛手段すべての助けを借りて、力強く答える覚悟に満ち満ちている。」

    国連安保理事会は、北朝鮮がそれに核弾頭を搭載したり、それを軍事目的に利用するのではないかと懸念して、北朝鮮に対し、大陸間弾道ミサイルの開発と打上げを禁止している。また安保理事会は、制裁措置を導入し、北朝鮮当局が、核開発計画を放棄するよう圧力をかけている。

    北朝鮮のリ・スヨン外相は、一般討論演説の中で、さらに次のように強調した―

    「我らの宇宙開発は、平和目的のものであり、それを行う事は、主権国家の合法的権利である。一方核実験は、米国の敵対的な政策や核の脅威に対抗するための自衛措置である。」

    関連:

    韓国 北朝鮮全域を射程に収める弾道ミサイル開発
    北朝鮮、核演習場で新たな動き
    タグ
    北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント