01:37 2020年04月07日
政治
短縮 URL
ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (74)
0 90
でフォローする

ウクライナに墜落したマレーシア航空ボーイング機の事故原因を調査したロシア対空防衛システム製造企業「アルマズ・アンテイ」社は、マレーシア機墜落に関する国際調査委員会の物的証拠の中に、なぜミサイルから飛び散る「Iビーム」型の部品があったのか分からないと発表した。「Iビーム」型の部品は、地対空ミサイル・システム「ブーク」9M38M1のミサイルには含まれていない。

トピック
ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (74)

関連:

「アルマズ・アンテイ」社 マレー機に関する調査結果を国際委員会に提出する用意がある
マレー機が撃墜されたとしたら、それはロシア軍にはないミサイルによるもの-「アルマズ・アンテイ」社
マレー機撃墜シュミレーションで義勇軍駐屯地からのミサイル発射説が覆った、アルマズ・アンテイ社
「アルマズ・アンテイ」社:マレーシア機はウクライナが管理していた地域から撃墜された
ロシア対空防衛システム製造企業「アルマズ・アンテイ」社 マレーシア航空MH17便墜落調査を行い、2つの実験を実施
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント